@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硬貨【こうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

硬貨
こうか
coin
本来は鋳造貨幣の意味で使用されたものであるが,現在では金属でつくられた貨幣をいい,紙幣と区分して使われる言葉。しかし国際金融分野では金または米ドルと交換可能な通貨を硬貨 hard currencyと呼び,交換不能な通貨すなわち軟貨と区別する意味でも用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐か〔カウクワ〕【硬貨】
金属で鋳造した貨幣。紙幣と区別してよばれる。コイン。
国際金融上、金または米ドルなどの外貨と交換可能な通貨。→軟貨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうか【硬貨】
金属で鋳造された貨幣,すなわち鋳貨coinのことで,紙を素材とする広義の紙幣(狭義の紙幣である政府紙幣と銀行券)に対立する用語本位貨幣(金貨)と補助貨幣が含まれるが,金本位制を離脱した現在,硬貨(鋳貨)といえば補助貨だけである。近代の日本では,鋳貨としての本位貨幣と補助貨幣の発行は,1897年の貨幣法によって定められたが,1938年に貨幣法とは別個に臨時通貨法が制定され,現在の補助貨幣の発行は同法に基づいている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうか【硬貨】
紙幣に対して、金属で鋳造した通貨。金貨・銀貨・銅貨など。コイン。
国際金融上、金または金の裏付けのある貨幣と交換可能な通貨。ハードカレンシー。 → 軟貨

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

硬貨
こうか
hard currency
本来は、貴金属で鋳造された貨幣の意味であったが、今日では金属でつくられた貨幣(coin)を、紙幣と区別して、硬貨とよんでいる。
 それ以上に、国際金融上の用語として使われることが多い。すなわち、国際通貨基金(IMF)体制下では、為替(かわせ)管理がなく、金または金に裏づけられた米ドルと交換可能な通貨をいい、これに対し交換不能の通貨を軟貨(soft currency)といった。米ドルが1971年8月に金との交換性を停止したことによりその意味での硬貨はなくなったが、外国為替市場、国際金融市場で他国通貨と自由に交換でき、取引の決済や資金の運用・調達が自由にできる通貨を意味するようになっている。米ドルだけでなく、為替管理の撤廃、国際資本取引の自由化された主要先進国の通貨は通貨の交換性を有し、ハード・カレンシーとよばれるとともに、国際取引に使用され、かつ非居住者に保有される国際通貨の役割を一定程度担っている。具体的には、米ドル、ユーロ、円、英ポンド、スイス・フラン、カナダ・ドルなどが硬貨とされている。[中條誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐か カウクヮ【硬貨】
〘名〙
① 金属で鋳造した貨幣。金貨、銀貨、銅貨、黄銅貨、ニッケル貨、アルミ貨の類。コイン。⇔軟貨
※人間の病気(1967)〈後藤明生〉「百円硬貨三枚を取り出して」
② 国際金融上、外国為替管理下になく、金または金の裏付けのある外国通貨と交換可能な通貨。米ドル、スイスフランの類。広義には外国通貨と交換可能な通貨をいう。⇔軟貨
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「購買力増進し、物価騰踊し、輸入超過し、硬貨流出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬貨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硬貨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation