@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硬骨魚類【こうこつぎょるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

硬骨魚類
こうこつぎょるい
bony fishes
条鰭綱 Actinopterygiiと肉鰭綱 Sarcopterygiiに属する魚の総称コイマアジなどをはじめ大部分現生の魚がこれに属する。骨格硬骨からなり,肋骨もよく発達している。鰓は全鰓で,鰓蓋で覆われている。体はほとんどの種では円鱗あるいは櫛鱗で覆われている。普通,幽門垂をもつ。(→魚類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうこつ‐ぎょるい〔カウコツ‐〕【硬骨魚類】
魚類のうち、円口類軟骨魚類を除く一群。魚類の大部分を占める。骨格は主に硬骨からなり、体表はうろこで覆われ、浮き袋をもつ。口は前端に開き、えらあなは一対。卵生が多く、一部が卵胎生。海水・淡水を問わず広く分布

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

硬骨魚類
 脊椎動物門脊椎動物亜門硬骨魚綱のこと.魚類の大部分を占めるグループで,例外ヤツメウナギに代表されるヤツメウナギ綱(Cephalaspidomorphi),サメ,エイなどの軟骨魚類(軟骨魚綱(Chondrichtyes)).

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうこつぎょるい【硬骨魚類 Osteichthyes】
口に上下両あごをそなえる現生の魚類は軟骨魚綱と硬骨魚綱とに分けられるが,後者の種数はすこぶる多い。前者サメ類,エイ類およびギンザメ類を含み,骨格が終生軟骨よりなるのに対し,後者では幼若期には軟骨であった骨格も発育成長に伴い,その大部分が硬骨で置換される。 硬骨魚綱は一般に条鰭(じようき)亜綱,総鰭亜綱,肺魚亜綱の3亜綱に分けられる。肺魚亜綱では胸びれ腹びれはむち状,または葉状で,中軸をなす1骨列とこれから派生する多数の小骨片列で支えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうこつぎょるい【硬骨魚類】
脊椎動物の魚類の一綱。内骨格が硬骨で形成され、鱗うろこに覆われ、鰾うきぶくろや鰓蓋えらぶたをもつ。サメ・エイ類などを除く魚類のほとんどがこれに属する。分類学上は硬骨魚綱という。 → 軟骨魚類

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

硬骨魚類
こうこつぎょるい
bony fish
[学]Osteichthyes
動物分類学上は脊索(せきさく)動物門Chordata、脊椎(せきつい)動物亜門Vertebrataあるいは頭蓋(とうがい)亜門Craniata、顎口(がっこう)上綱Gnathostomataに属する硬骨魚綱Osteichthyesを構成する魚類。体を支持する骨格系がよく骨化し、真の硬骨からなる魚類で、軟骨がよく発達したサメ・エイ類などの軟骨魚類に対語として用いる。硬骨魚綱にかわって条鰭(じょうき)綱Actinopterygiiを使う研究者もいる。[落合 明・尼岡邦夫]

形態的特徴

頭骨や背骨をはじめ各骨格は小骨が接合して形づくられ、頭蓋骨は多数の骨が縫合して構成される。尾びれは少数のものを除くと正尾(せいび)である。うきぶくろは退化するものもあるが、原則として比重調節に用いる。また、肺として機能するものもある。鰓孔(さいこう)が1対で、鰓蓋(さいがい)と口の開閉によって水を出し入れして呼吸する。体表は普通、薄い円鱗(えんりん)または櫛鱗(しつりん)で覆われるが、コズミン鱗(主として化石種にみられ、表面からエナメル層、コズミン層および板骨(ばんこつ)層の3層からなる鱗(うろこ)。コスミン鱗ともいう)や硬鱗をもつものもある。心臓は心臓球が退化する傾向にあり、動脈球が発達する。この類は、原始的な特徴を保持する古代魚的な現存種から著しく特殊化した種まで、多様化した種類を含んでいる。[落合 明・尼岡邦夫]

分類体系

硬骨魚綱は条鰭類と肉鰭(にくき)類に二分される。以前、前者はチョウザメ類とポリプテルス類(多鰭(たき)類)を含む軟質類、アミア類とガーパイク類を含む全骨類、現生種のほとんどの種を含む真骨類の3群に分かれていた。しかし、これらの類の特徴は混在し、化石種も加わるなど、それらの境は明瞭(めいりょう)ではなくなり複雑化してきたことから、現在では軟質類Chondrostei、腕鰭(わんき)類Cladistia、新鰭類Neopterygiiの3群に分類されている。軟質類にはチョウザメ類のみを残し、ポリプテルス類に対して腕鰭類を設立し、そして新鰭類には従来の真骨類にアミアとガーパイクの仲間を加えている。一方、肉鰭類はシーラカンスと肺魚の仲間を置いている。また、硬骨魚類に化石種の棘魚(きょくぎょ)類を加えたものを3群に分ける体系も出ている。このように硬骨魚類の分類体系はきわめて複雑になり、流動的である。[落合 明・尼岡邦夫]

おもなグループの特徴と種数

現存する硬骨魚類は約2万6891種が知られている。ごく一部のものは、葉状のひれを備える肉鰭類のシーラカンスや肺魚類のように、両生類の祖先型に近い体制をとり、系統上、陸上の四足動物につながる。しかし、96%以上の種類は真の水中生活者として独自の進化をした。
 そのうち、軟質類のチョウザメ類は硬鱗、異尾、鎖骨をもつ古代魚の特徴を備え、チョウザメ25種とヘラチョウザメ2種が現存している。腕鰭類は腹びれと胸びれが葉状であるポリプテルス類のみを含み、ウナギ形をした1種とやや短い体の15種がアフリカの淡水域にいる。新鰭類は、体は硬鱗で覆われ、鰾(ひょう)(うきぶくろ)で空気呼吸ができるガーパイク7種とアミア1種がいるが、大部分は真骨魚類といわれる普通の魚類である。真骨魚類は多方面へ向かって多数の種に分化し、2万6840種を含み、現存する全魚類の96%を占める。鱗は存在する場合には円鱗または櫛鱗で、覆瓦(ふくが)状に並ぶ。尾びれは正尾。尾骨を構成する骨は少なくなり、単純化する。心臓球は退化し、動脈球が発達する。上顎(じょうがく)の縁辺は前上顎骨と主上顎骨で構成されていた型から伸出可能な前上顎骨のみで縁どられる型へと移行する。ひれの位置や構造は種類によって著しく異なる。下等なグループは背びれや腹びれが体の中央部またはそれより後方にある。これらのひれは軟条だけで支えられ、硬い棘(とげ)がまったくない。一方、高等なグループでは、背びれは頭部の後端付近から始まって基底が長く、前部には多くの棘があり、後部に軟条がある。胸びれは低位から高位へと移動する。腹びれは胸部に位置し、1本の棘と5本の軟条からなる。とくに腹びれの位置や構造は重要である。この類は40目に分かれている。種類数の多いものに、コイ目、ナマズ目、ウナギ目、タラ目、メダカ目、スズキ目、カサゴ目、カレイ目、フグ目などがある。[落合 明・尼岡邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうこつ‐ぎょるい カウコツ‥【硬骨魚類】
〘名〙 脊椎動物亜門に属する綱の一つ。内骨格は少なくとも一部が骨性で、頭蓋は多くの膜骨で覆われているもの。一般に、水中生活をし、全鰓をもち、鰓呼吸をする。鰓孔は一対。浮き袋または肺をもつ。サメ、エイ類以外のほとんどの魚が含まれる。コイ、フグ、スズキ、ウナギ、カレイなど。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬骨魚類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硬骨魚類の関連情報

関連キーワード

条鰭類棘鰭類(きょっきるい)真骨類腕鰭類円鱗類狭鰭類原棘鰭類骨鰾類新鰭類

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation