@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硬骨【コウコツ】

デジタル大辞泉

こう‐こつ〔カウ‐〕【硬骨】
[名]脊椎動物硬骨魚類以上にみられる骨格を形成している組織。普通の骨(ほね)。炭酸カルシウム燐酸(りんさん)カルシウムを大量に含み、硬い。⇔軟骨
[名・形動](「鯁骨」とも書く)意志が強く、自己の信念を曲げないこと。また、そのさま。「硬骨の士」
「―な変人だから」〈魯庵社会百面相

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうこつ【硬骨】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうこつ【硬骨】
脊椎動物の硬骨魚類以上にある骨の一種。丈夫な骨膜に覆われ、硬い骨質とその内部にある海綿状の骨質および内部腔所を埋める造血組織の骨髄から成る。支持器官・保護器官・運動器官としてはたらく。 ⇔ 軟骨
名 ・形動 [文] ナリ 
意志が固く、みだりに信念を曲げない・こと(さま)。 -の士

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐こつ カウ‥【硬骨】
〘名〙
① 脊椎動物の骨のうち硬い骨。軟骨に対していう。炭酸カルシウムや燐酸カルシウムなどを多量に含む骨組織によってつくられ、頭骨や手足の骨などの骨格をつくる。骨。
② (形動) (硬い骨の意から) 意志や信念が強く容易には屈しないこと。
※月曜講演(1898)〈内村鑑三〉一「ウィリアム、ミルバーンと言へる人あり〈略〉独立不覊稀に見る所の硬骨男子たり」 〔皮日休‐嘲帰仁紹亀詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬骨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硬骨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation