@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

硬鱗【こうりん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

硬鱗
こうりん
ganoid scale
魚類のの型の一つ。原始的な鱗で,表皮下の真皮性骨板がガノインというエナメル様物質でおおわれている。チョウザメガーパイクなど原始的な鰭条をもつ硬骨魚類にみられる。より高等な魚類では,櫛鱗円鱗 cycloid scaleをもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうりん【硬鱗】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐りん カウ‥【硬鱗】
〘名〙 硬骨魚綱軟質類のチョウザメなどにみられるうろこ。真皮性の硬鱗質が骨板の表面をおおってできたもので、骨鱗、循鱗(じゅんりん)に対していう。多くは菱形板状で、互いに連なる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬鱗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

硬鱗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation