@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

碁盤人形【ゴバンニンギョウ】

デジタル大辞泉

ごばん‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【碁盤人形】
碁盤の上に小型の操り人形をのせて舞わせる座敷芸。また、その人形。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごばんにんぎょう【碁盤人形】
操り人形の一種。また人形をまねた踊り宇治加賀掾元禄(1688‐1704)ころ浄瑠璃《義経追善女舞》に,手妻(てづま)人形を碁盤の上で遣ったことがみえるが,そのはじまりは不明。江戸でも同じ元禄期に小山次郎三郎が碁盤人形を得意とし,碁盤操り浄瑠璃碁盤人形と称して上演したことが,《松平大和守日記》にみえる。これが歌舞伎にも入り,子ども役者が碁盤の上で踊りをみせ,また座敷ともなった。元禄の篠塚庄松,宝永(1704‐11)の篠塚菊松などが有名で,奴踊を碁盤の上で踊る絵ものこっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ごばんにんぎょう【碁盤人形】
近世の座敷芸の一。手遣い人形を碁盤の上で踊らせるもの。
をまねて子供役者が碁盤上で所作する舞踊芸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごばん‐にんぎょう ‥ニンギャウ【碁盤人形】
〘名〙
① 座敷での芸の一つ。操人形(あやつりにんぎょう)を碁盤の上にのせて、その背後から手を入れ、踊らせる技。また、その人形。
※随筆・独寝(1724頃)下「立ツ松三郎兵衛がごばん人形の弁慶を見るが如く」
② 舞踊の一種。子供役者などが碁盤の上で操人形をまねた所作をする芸。
※歌舞伎・一心女雷師(1699)五「絶間介太夫其外一家の人々芸者に成りこはんにんきゃうその外いろいろの芸を尽し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

碁盤人形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

碁盤人形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation