@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

碁盤目【ごばんめ】

精選版 日本国語大辞典

ごばん‐め【碁盤目】
〘名〙 碁盤の目のように、同じ間隔で、縦横に平行線を引いて区分した目。碁盤の目。
※卍(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉七「オールドローズの地色の中央に幅一寸四分程の広さに碁盤目が通ってゐて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

碁盤目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

碁盤目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation