@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【エリイシ】

デジタル大辞泉

えり‐いし〔ゑり‐〕【碑】
《「(え)り石」の》事跡などを示す文字を彫り刻んだ石。石碑。いしぶみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ【碑】
後世に伝えるために先人の事跡・氏名などを石に刻んで建てたもの。いしぶみ。「を建てる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ【碑】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]いしぶみ
記念にするため文字を刻んだ石。いしぶみ。「碑碣(ひけつ)碑文碑銘歌碑句碑建碑詩碑石碑墓碑記念碑
語り伝えるもの。「口碑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いしぶみ【碑】[書名]
中山義秀の歴史小説。昭和14年(1939)発表。同年刊行。幕末から明治維新に至る激動の時代を背景に、剣術に秀でた士族兄弟の数奇な運命を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひ【碑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いしぶみ【碑】
石文いしぶみの意
ある事を記念し、後世に伝えるためそのことを記しておく石。石碑せきひ。碑。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ【碑】
事のいわれ、人の功績など、後世に伝えるべきことを石にきざんで、関係の深い地に建てたもの。いしぶみ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ある目的をもって文辞を刻み、それを後世に伝えるために立石したものをいう。中国伝来のものであるが、わが国においては飛鳥(あすか)時代以降に各種のものがつくられた。墳墓に立てられた墓碑のほか、伊予(いよ)国道後(どうご)(愛媛県松山市)の例に代表される温湯(ゆ)碑、宇治橋(うじばし)断碑とよばれる架橋記念碑、多賀(たが)城の由来を記した多賀城碑のごとき築造碑、上野(こうずけ)国(群馬県)多胡(たご)郡の建郡を記念した建郡碑、歌碑として著名な薬師寺の仏足石歌(ぶっそくせきか)碑、改修・修築のおり河畔・池畔に立てられる河川改修・造池碑、あるいは仏教関係の造寺碑、供養(くよう)碑、経碑などもある。また、頌徳(しょうとく)碑、由来碑の類もかなり認められている。とくに頌徳碑などは時代が下降するにしたがって碑文が詳細になり碑自体も大形になってくる傾向がある。これらの碑文には場合によってはその事績などを賛するあまり誇張する表現も認められる。[坂詰秀一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えり‐いし ゑり‥【碑】
〘名〙 (彫り石の意) 文字をきざみつけた石。碑(ひ)。えりし。石文(いしぶみ)
※釈日本紀(1274‐1301)二〇「碑(ヱリイシ)に曰へらく、春秋(とし)五十有六(いそぢあまりむつ)にして薨(みう)せぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ【碑】
〘名〙 先人の事跡、氏名などを刻んで建て据えた石、石板。いしぶみ。たていし。石碑。
※令義解(718)喪葬「凡墓皆立碑。記具官姓名之墓」 〔礼記‐祭義〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

碑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation