@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

確定判決【かくていはんけつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

確定判決
かくていはんけつ
rechtkräftiges Urteil
判決が通常の不服申立方法 (再審特別上告非常上告などのような非常救済手段を除く) によって争うことができなくなった状態を形式的確定といい,形式的確定力をもつにいたった判決のことを確定判決という。 (1) 民事訴訟法上,確定判決は既判力を有し,判決の内容によってはさらに執行力や形成力などの効力をもつ。裁判上の和解または請求の放棄もしくは認諾調書に記載したとき,その記載は確定判決と同一の効力を有する。確定判決に対する例外的な不服申立方法として再審や特別上告がある。 (2) 刑事訴訟法においては,判決 (特に有罪,無罪の判決) が形式的に確定するとその判断の内容が確定し,ここから執行力と一事不再理の効果が生ずる。判決の確定力が例外的に排除されるのは,上訴権の回復が認められる場合,再審および非常上告が認められる場合である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かくてい‐はんけつ【確定判決】
形式的確定力をもつ判決。すなわち、通常の不服申し立て方法による取り消しのできなくなった判決。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくていはんけつ【確定判決】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくていはんけつ【確定判決】
確定の効力を有する判決、すなわち通常の不服申立(上訴)によって取り消すことができない判決。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

確定判決
かくていはんけつ
通常の不服申立ての方法(上訴)をもって、訴訟関係人が攻撃することのできない状態に達した判決(形式的確定力を有する判決)をいう。[内田一郎]

刑事訴訟における確定判決

刑事訴訟法では、第一審および第二審の判決は、判決が告知された日から上訴の提起期間(14日)を経過することによって確定し(刑事訴訟法358条、373条、414条)、あるいは、上訴の放棄または取下げにより確定する(同法359条、360条)。ただし、死刑または無期の懲役もしくは禁錮に処する判決に対する上訴は、これを放棄することができない(同法360条の2)。さらに、第一審および第二審の判決に対して上訴がなされたときは、上訴棄却の裁判の確定により、原判決も確定する(同法375条、385条、386条、395条、396条、408条、414条、422条)。上告裁判所の判決は、判決訂正申立ての期間内(原則として、判決の宣告があった日から10日以内)に検察官、被告人または弁護人から判決訂正の申立てがあった場合には、訂正の判決もしくは申立てを棄却する決定があったときに確定する。また、申立てがなかった場合には、判決訂正申立ての期間を経過したときに確定する(同法418条)。何人(なんぴと)も、すでに無罪とされた行為については、刑事上の責任を問われないし、また、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問われることがない(憲法39条)。事件が有罪、無罪または免訴の確定判決を経たものであるときは、判決で免訴の言渡しをしなければならない(刑事訴訟法337条)。
 確定判決は、前記のように訴訟法上の効力として、当該判決を通常の不服申立ての方法をもって、訴訟関係人が攻撃することのできない状態にする(判決の形式的確定力)ばかりでなく、それが実体裁判であれば、実体法上の効力として具体的刑罰権の存否を確定し、かつ、有罪判決であれば、執行力を生じる。また、有罪、無罪または免訴の確定判決は後訴に対する訴訟法上の効力として、同一の訴訟客体について再度の審理、判決を否定し(一事不再理)、他面、後訴において確定判決の内容を主張し、裁判所ならびに当事者を拘束する効力を生ずる。
 なお、略式命令は、正式裁判の請求期間(その告知を受けた日から14日)の経過またはその請求の取下げにより、確定判決と同一の効力を生ずる。正式裁判の請求を棄却する裁判が確定したときも同様である(刑事訴訟法470条)。確定判決に対する非常救済手続としては、事実認定の不当を理由とする再審請求(同法435条以下)と、法令の違反を理由とする非常上告(同法454条以下)とがある。[内田一郎・田口守一]

民事訴訟における確定判決

民事訴訟法では、確定判決はその内容にしたがって、既判力、執行力ならびに形成力を生ずる。和解または請求の放棄もしくは認諾を調書に記載したときは、その記載は確定判決と同一の効力を有する(民事訴訟法267条)。確定判決は主文に包含するものに限り既判力を有し(同法114条1項)、当事者、口頭弁論終結後の承継人またはその者のため請求の目的物を所持する者などに対してその効力を有する(同法115条)。確定判決に対する民事特別訴訟手続としては、再審の訴えがある(同法338条以下)。[内田一郎・田口守一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かくてい‐はんけつ【確定判決】
〘名〙 訴訟手続きのうえで、上訴などの不服申立方法がなくなり、もはや取り消されることのない状態になった判決。確定裁判。
※民事訴訟法(1926)一九九条「確定判決は主文に包含するものに限り既判力を有す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

確定判決」の用語解説はコトバンクが提供しています。

確定判決の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation