@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

確定拠出年金【かくていきょしゅつねんきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

確定拠出年金
かくていきょしゅつねんきん
企業年金一種毎月の保険料負担額を従業員が決め,みずから選択した基金運用を任せ,運用実績に応じた給付を受ける。アメリカでは確定拠出型の一種である 401kプランが急速に普及している。これは従業員,企業双方に税制上の優遇を定めた国内歳入法 401条 (k) に基づいて名づけられたもので,従業員は所得税課税前の所得から拠出金を積み立てることができ,拠出分は所得控除される。従業員の拠出額と同額を上限に,企業からの拠出金が上乗せされて運用され,企業は拠出金を税法上損金として算入できる。企業が用意する複数の運用プランのなかから従業員が選択し,運用しだいでは将来の給付額を増やすことができる。反面,運用リスクは従業員自身が負うことになるが,転職退職に伴う移管も可能なため人気を集めている。日本では,将来の給付額を確定した確定給付年金が採用されてきたが,2001年確定拠出年金法 (平成 13年法律 88号) が成立し,企業が単独で拠出し運用する企業型年金と個人のみが拠出し運用する個人型年金が制度化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

確定拠出年金
企業年金の1つ。企業や個人が一定の掛け金を負担し、退職後に年金として受け取る。確定拠出とは掛け金が確定しているという意味。確定拠出年金は、加入者自身が自己責任で運用方法を選び、その実績次第で年金の額が決まる。運用がうまくいけば多額の年金を受け取るが、失敗すると損失を穴埋めする仕組みはない。転職しても転職先の企業で続けられる。2001年10月から始まり、米国の確定拠出年金(401k=税法401条k項にあるため)にちなんで日本版401kともいう。企業が従業員のために毎月、一定の掛け金を払う「企業型」と、この制度を導入しない企業の従業員や自営業者が自分で掛け金を払い込む「個人型」の2種類がある。掛け金は所得控除の対象だが、上限がある。
(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

確定拠出年金
拠出金とその運用結果に応じて、給付額が事後的に決定される年金制度。2001年10月から日本にも導入されており、制度のモデルである米国の401(k)プランにちなみ、日本版401(k)とも呼ばれる。企業にとっては、柔軟な年金プランを設定できる、年金資産の積み立て不足が発生する心配がない、などのメリットがある。従業員にとっては、転職の際も口座ごと持ち運ぶことができる、自分で運用指図ができる、などの利点がある。確定拠出年金には、企業型年金と個人型年金とがある。前者厚生年金保険等の被保険者(60歳未満)である企業の従業員を対象とし、事業主のみが拠出を行える。後者は自営業者等を対象とし、加入者のみが拠出を行える。企業型年金を実施していない企業の従業員は、個人型年金への加入資格を有する。06年6月末現在で企業型年金の加入者数は約197万人、個人型の加入者数は約6.9万人。税法上、事業主拠出金には損金算入が認められ、加入者拠出金には所得控除が認められる。
(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

かくていきょしゅつ‐ねんきん【確定拠出年金】
平成13年(2001)に施行された確定拠出年金法に基づいて設けられた私的年金制度の一。確定した掛け金を拠出して、それを資金にした運用収益と掛け金とが給付されるもので、企業型と個人型とがある。企業型は労使合意のもとで企業が従業員を加入させ、原則として掛け金を企業が拠出するもの。個人型は加入者本人が掛け金を拠出するもので、国民年金基金連合会主体となって運営している。資金の運用は加入者本人が運用指図を行い、企業型の場合、事業主は従業員に対して投資教育を行う義務がある。老齢給付金、本人死亡によって遺族が受け取る死亡一時金、障害給付金、本人が脱退したときの脱退一時金などが給付される。米国の制度401kになぞらえ「日本版401k」といわれる。DC(defined contribution plan)。→企業年金連合会確定給付型企業年金
[補説]個人型確定拠出年金の加入者は自営業者などに限られていたが、平成29年(2017)1月より範囲が拡大され、企業年金実施企業の従業員、公務員第3号被保険者専業主婦主夫)なども加入できるようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

確定拠出年金
・DC(defined contribution plan)
・確定拠出年金法によって定められる私的年金制度。
・従業員などが自身のために掛金を拠出して、将来、年金などで受け取る仕組み。税制優遇措置や従業員のために事業主が掛金を拠出できる等のメリットがある一方、加入者(従業員)が自己責任のもとに年金資産を運用する義務を負う。したがって、運用実績次第で受け取る金額が変わるところにあり、アメリカの類似の年金制度にかけて日本版401(k)とも呼ばれている。
・確定給付年金と比較した場合、企業にとっての、年金運用損等の後発債務の不発生、費用化による安定等のメリットがある。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

投資信託の用語集

確定拠出年金

運用方法を自ら選択し、その運用実績に応じて給付額が変動する年金のこと。2001年(平成13年)10月から施行された確定拠出年金法に基づく年金で、積立金の運用方法を提示された商品の中から加入者自ら選択し、その運用実績に応じて給付額が変動する。企業がこの制度を導入するものを「企業型」といい、企業型に参加できるのはその企業に勤めている勤労者だけである。個人が任意に加入する「個人型」といい、個人型に参加できるのは自営業者等(国民年金の第1号被保険者)で国民年金保険料を全額支払っている人、勤務先が企業型を導入していないサラリーマンである。
企業型に参加していた場合、転職・退職時には基本的に引き出すことができず、60歳まで運用を続けることになる。
なお、公務員(国民年金の第2号被保険者)や専業主婦(国民年金の第3号被保険者)はいずれの確定拠出年金にも加入することはできない。

出典:(社)投資信託協会

日本大百科全書(ニッポニカ)

確定拠出年金
かくていきょしゅつねんきん

拠出された掛金が個人ごとに明確に分離され、掛金とその運用収益との合計額をもとに給付額が決定される年金。従来型の確定給付年金(厚生年金基金や税制適格退職年金)は、(1)中小零細企業や自営業者に十分普及していなかったこと、(2)転職時の年金資産の移管が不十分であったこと、(3)2000年(平成12)4月から退職給付にかかる新会計基準が導入され、積立不足をバランスシートに負債として計上することとされたこと、などを背景として、2001年の確定拠出年金法により創設された。アメリカの内国歳入法401条k項に基づく制度を参考にしたことから「日本版401k」とよばれることもある。確定給付年金と比べると、加入者自身が運用の方法を決めることができるというメリットがある一方、投資リスクを加入者自身が負うというデメリットがある。

 確定拠出年金には、事業主が従業員を対象として実施する「企業型」と、国民年金基金連合会が20歳以上60歳未満の者を対象に実施する「個人型」がある。個人型の愛称はイデコiDeCo(individual-type Defined Contribution pention planに由来)である。なお、個人型の加入対象者は、2020年(令和2)の改正により、2022年4月以降65歳未満の公的年金の被保険者にまで拡大される。企業型の掛金は、原則として事業主が負担するが、加入者である従業員も一定の範囲内で事業主の掛金に上乗せ拠出ができる(これを「マッチング拠出」という)。一方、個人型の掛金は、加入者本人が負担するが、従業員100人以下(2020年改正により300人以下に拡大)の中小企業に限り、個人型に加入する従業員の拠出に追加して事業主が拠出することができる「個人型確定拠出年金への小規模事業主掛金納付制度」がある。

 掛金には一定の拠出限度額が定められている。拠出された掛金の運用の指図は、加入者が行うが、企業型の場合は運営管理機関や事業主が指定するリスク・リターン特性の異なる三つ以上の運用商品(株式や債券など)のなかから加入者が選択して行う。離転職した場合には年金資産を他の確定拠出年金や確定給付年金に移管することができる場合がある。

 給付には、老齢給付金のほか、障害給付金、死亡一時金、脱退一時金がある。税制上の扱いは、事業主拠出分は全額が損金算入、加入者拠出分は全額が所得控除(小規模企業共済等掛金控除)、積立金には特別法人税が課せられ(ただし、2023年3月末までは凍結され非課税)、年金は公的年金等控除、一時金は退職所得控除が適用される。

[山崎泰彦 2020年11月13日]

『箱田順哉監修・宮田信一郎著『企業年金マネジメント』(2011・東洋経済新報社)』『みずほ総合研究所編著『図解 年金のしくみ』第6版(2015・東洋経済新報社)』『坪野剛司監修・年金綜合研究所編『年金制度の展望』(2017・東洋経済新報社)』『田村正之著『人生100年時代の年金戦略』(2018・日本経済新聞出版社)』『日本労働組合総連合会、NPO法人金融・年金問題教育普及ネットワーク編『労働組合のための退職金・企業年金ハンドブック』各年版(NPO法人金融・年金問題教育普及ネットワーク)』『久保知行著『わかりやすい企業年金』第2版(日経文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

確定拠出年金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

確定拠出年金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation