@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

磁化率【じかりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

磁化率
じかりつ
magnetic susceptibility
帯磁率ともいう。物質の磁気的性質,すなわち磁化難易の程度を示す量。SI単位で磁化 M磁場 H との関係を表す式 M=μ0χmH0 は真空の透磁率 ) の χm をさす。M=χmH で定義される場合もある。χm の次元は前者では無次元,後者では μ0 と同じである。常磁性体では 10-3~10-6 程度,反磁性体では 10-6 程度の負の値,強磁性体では磁場によって変わるが,たとえば鉄などは 100程度以上の正の値をもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じか‐りつ〔ジクワ‐〕【磁化率】
磁界内に置かれた物体磁化の強さMと磁界の強さHの。磁化率をχとすると、M=χHで表される。常磁性体では正、反磁性体ではとなり、磁界の強さにほとんど依存しない。強磁性体では消磁状態から初磁化率という一定の値をとり、さらに磁界を強めると磁気飽和に達する。帯磁率受磁率磁気感受率

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じかりつ【磁化率】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

磁化率
じかりつ
magnetic susceptibility

外部磁場Hにより磁性体内に誘発される磁化Mとの間にM=χHという関係がある場合のχのことを磁化率とよぶ。帯磁率、磁気感受率ともいう。外部磁場Hと磁化Mを結び付ける物性値の一つ。磁化率χは物質が等方性をもつ場合、定数だが、異方性をもつ場合、テンソルになる。常磁性体では磁化率χは10-3~10-6程度の正の値をもち、反磁性体では磁化率χは10-6程度の負の値をもつ。外部磁場にはほとんど影響されないが物質によって決まる定数で、強磁性体では外部磁場により磁化率が異なる。

 磁化率と温度の関係については、常磁性体の磁化率χが絶対温度Tに反比例するというキュリーの法則や、強磁性体や反強磁性体の磁化率χが磁気転移温度以上の絶対温度Tではχ=C/(T-θ)と表されるキュリー‐ワイスの法則が有名である。Cはキュリー定数、θは常磁性キュリー温度またはワイス温度である。

[山本将史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じか‐りつ ジクヮ‥【磁化率】
〘名〙 物体の磁化と磁界の強さとの比。常磁性体では正、反磁性体では負で、これらの場合には値は小さく、磁界によってほとんど変わらない。強磁性体の場合はその値は大きく、磁界によって大きく変わり、初磁化率、最大磁化率などが定義される。どの場合も、温度によって変化することが多い。受磁率。帯磁率。〔現代大辞典(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

磁化率
ジカリツ
magnetic susceptibility

物質を磁場のなかに入れたときに生じる磁化Mと磁場の強さHとの関係が

M = χH
で表されるとき,物質定数χを磁化率という.このようなMHの比例関係は,常磁性,反磁性,反強磁性では成り立つが,強磁性においてはMHに比例せず,いわゆる磁化曲線をたどるので,磁化率を定義することはできない.常磁性体はχ > 0の値をもつ.磁化率と透磁率μとの関係はガウス単位系で表すと,

μ = 1 + 4πχ

と与えられる.磁化の大きさは物質の量に比例するが,とくに1 mol 当たりの磁化率を分子磁化率またはモル磁化率という.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁化率」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磁化率の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation