@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

磁束密度【じそくみつど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

磁束密度
じそくみつど
magnetic flux density
磁極または電流によりつくられるベクトル場。通常 B の記号で表される。磁気誘導ともいう。その大きさは磁場強弱を示し,磁場の方向に垂直な単位面積を貫く磁束を表す。電束密度 D の定義と類似して,磁場 H磁化 M との関係は SI単位で B=μ0HM0 は真空の透磁率) と定義されるが,磁気単極は存在せず,磁は必ず正負一対になっているので div B=0 である。また BB=μH (μ は物質の透磁率) で与えられる。単位は SIでテスラが常用されるが,Wb/m 2 (→ウェーバ) を用いることもある。ガウス単位系 BH+4πM で定義され,単位はガウスが用いられる。1T=104G である。磁場を表すベクトルとして H より B のほうが基本的であるとされ,磁場を表すのに B がよく用いられるが,これは磁束密度 B の磁場の意味である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じそく‐みつど【磁束密度】
磁界の強さを表す量。磁界の中で、磁界に垂直な断面の単位面積当たりに通っている磁束。単位はテスラ、その他ウェーバ毎平方メートル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じそくみつど【磁束密度 magnetic flux density】
磁場における基本的な量で,磁化Mと磁場Hとを使ってBM+μ0Hで表されるベクトル量Bをいう(μ0は真空の透磁率で4π×10-7H/mの値をもつ)。磁束密度の単位はSI単位ではT,またはWb/m2である。透磁率μを使って,B=μHと書くこともある。μの大きい磁性体を磁心に用いることによって,大きな磁束密度を生じさせ,コイルのインダクタンスを増すことができる。磁束密度Bの磁場の中に電流I(A)が流れている場合,Bは電流に対してBIとの両方に垂直な方向に,電流の単位長さあたりB×I(N/m)の力をおよぼすが,この関係から磁束密度Bを定義することもできる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じそくみつど【磁束密度】
磁場の強弱を示す量。磁場の中を運動する荷電粒子は磁場から力を受ける。この力によって磁気の場の状態を決めた量。電場の強さに対応する磁場の基本量。単位テスラ(記号 T )または、ウェーバ毎平方メートル(記号 Wb/m2)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

磁束密度
じそくみつど
磁気誘導ともいい、普通、記号Bで表す。単位はCGS単位系ではガウス(記号G)、MKS単位系またはSI単位系(国際単位系)ではテスラ(記号T)である。磁束密度Bは大きさおよび方向をもつベクトル量で、磁性体の磁化Iと真空の磁化μ0H(μ0は真空の透磁率で4π×10-7H/mの値をもつ。Hは磁場)との和である。これはまた、磁場Hと磁性体の透磁率μとの積μHで表すこともできる。
 磁束密度Bの中に電流Iを流すと、電流は両者に垂直な方向に、強さB×Iの力を受ける。電動機(モーター)の回転力は、このような力によって生ずる。
 空間の各所でBの方向に引いた一連の線を磁束線という。磁束線は磁性体の表面から出入りするときも連続で、その密度が空間のあらゆる場所でBの大きさに比例するように引くことができる。磁気回路ではBは電流回路の電流密度に対応する。[近角聡信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じそく‐みつど【磁束密度】
〘名〙 物質の磁化と真空の磁化(磁場に真空の透磁率を掛けたもの)との和をいう。磁場に透磁率を掛けたもの。磁気誘導。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

磁束密度
ジソクミツド
magnetic flux density

磁場中を定常的に電流Iが流れていると,電流に対して垂直な方向に電流に比例した力がはたらく.電流の微小部分Idrにはたらく力dFは,次の式で定義されるベクトル場Bによって表される.このベクトル場を磁束密度という.

dFIdr × B

磁束密度Bは電場Eに対応する基本的な量である.電場E,磁束密度Bのなかを速度vで移動する電荷qにはたらく力は次式で表される.

Fq(Ev × B)

このように,電場と磁束密度を対応させて電磁気学を構成する立場をE-B対応という.この対応では,磁束密度Bと磁場の強さHおよび磁化Mとの関係は次のように表される.

Bμ0(HM)

ここで,μ0 は真空の透磁率である.一方,電場Eと磁場Hを対応させて電磁気学を組み立てる立場がある.この立場からはじめると,磁束密度Bと磁化Mとの関係は次のように定義される.

Bμ0HM

そのため,E-H対応とE-B対応では磁化の単位が μ0 の分だけ違ってくる.国際単位系(SI単位)による磁束密度の単位はテスラ(T)であり,ガウス単位系の単位であるガウス(G)とは

1 G = 104 T
の関係にある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁束密度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磁束密度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation