@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

磁気ヒステリシス【ジキヒステリシス】

デジタル大辞泉

じき‐ヒステリシス【磁気ヒステリシス】
強磁性体の磁化が、現在の磁界の強さだけでなく、過去の磁化過程に影響を受ける現象。ヒステリシスの一。磁気履歴

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じきひすてりしす【磁気ヒステリシス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

磁気ヒステリシス
じきひすてりしす

磁界の大きさHを変化させるとき、それに応じて現れる強磁性物体の磁化の強さI(磁界方向に測定した磁気モーメント)は、その直前の磁化状態に支配されて非可逆的な変化をする。これを磁気履歴または磁気ヒステリシスとよび、その関係はヒステリシス曲線で表される。磁化IがOの消磁状態から磁界を増していくと、磁化は図AのOABCの経路をたどって増大し、飽和磁化Cに達する。ここまでの部分は初磁化曲線とよばれる。C点から磁界を減らすと、磁化は初磁化曲線を戻らず、CDとずれ、磁界HがゼロとなってもODの大きさの磁化が残る。これを残留磁化という。次に、逆方向に磁界をかけていくと、D→Eと変化し、E点で残留磁化はゼロとなる。このときの磁界の大きさを保磁力とよぶ。さらに磁界を増すと、マイナス方向の飽和磁化F点に達する。ふたたび磁界を図Aの右向きに増し、同様な測定でFGJCとたどっていくと、一回りの図が描ける。これがヒステリシス曲線である。もし、飽和磁化に達しない磁界で曲線を描けば、図Aの点線のようなヒステリシス曲線となり、留磁化、保磁力の値は一義的に決まらない。しかし飽和磁化に達したあとでの値は一定で、これらは正確には飽和残留磁化、飽和保磁力とよばれ、飽和磁化とともにヒステリシス特性を示す量として用いられる。

 この曲線を一回りすると、磁気的には同じ状態に戻るが、この間に曲線が囲む面積分の磁気エネルギーを消費し、それは熱に変わる。これをヒステリシス損失という。電源トランスが熱くなるのはおもにこの損失のためである。磁性体を交流磁界をかけて利用するこのような場合には、1秒間に周波数回、曲線を回ることになるので、できるだけこの面積の小さいことが要求される。

 強磁性体内部は磁区に分かれており、この磁区の形と向きの変化によって磁化が進むが、それが不連続的、非可逆的に変化することが、磁気ヒステリシスの現れる原因である。ヒステリシス曲線は、材質が同じでも、形状や測定方向によって異なるので、材質特性として図示するためには補正が必要である。工学的にはIよりも磁束密度Bを測ったBHヒステリシス曲線のほうが多く用いられる。保磁力の大きい材料ではIHBH曲線の差は大きいので注意しなくてはいけない(図B)。

[太田恵造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じき‐ヒステリシス【磁気ヒステリシス】
〘名〙 (ヒステリシスはHysteresis) 強磁性体の磁化はそのときの磁界の強さだけでなく、過去の磁化の経歴にも関係すること。磁化の強さと磁界の強さをそれぞれ縦軸、横軸にとってグラフにすると、特徴的な閉曲線(ヒステリシス‐ループ)を描く。磁気履歴。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

磁気ヒステリシス
ジキヒステリシス
magnetic hysteresis

強磁性体やフェリ磁性体の磁場磁化の間のヒステリシスである.[別用語参照]磁化曲線

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

磁気ヒステリシス
じきヒステリシス
磁気履歴」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁気ヒステリシス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磁気ヒステリシスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation