@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

磁気ヘッド【じきへっど】

デジタル大辞泉

じき‐ヘッド【磁気ヘッド】
磁気テープ磁気ディスクなどの磁性面に情報を書き込んだり読み出したりするのに使用する電気部品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じきへっど【磁気ヘッド】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

磁気ヘッド
じきヘッド
magnetic head
音声や映像信号などを磁気テープ磁気ドラムなどに記録したり,再生するための素子磁気ヘッドはその機能上から録音録画,再生,消去用に分類される。ヘッドは,透磁率の大きい磁心 (コア) にコイルを巻き,テープなどの磁性面に当る部分に空隙を設けてある。磁性面がこの空隙を離れるとき残留する磁気によって情報の記録を行い,また残留磁気による起電力によって再生を行う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

磁気ヘッド
じきへっど
magnetic head
オーディオ用テープレコーダービデオテープレコーダーにおいて、磁気テープに接触させる磁性体の部分をいう。磁気テープに、電気信号を磁気信号として記録させるもの、記録されている磁気信号を電気信号に変換するもの、および磁気信号を消去するものがあり、目的に応じて記録ヘッド、再生ヘッド、消去ヘッドとよばれている。一つのヘッドで記録・再生の両機能を兼ねたものもあり、これはとくにカセットテープレコーダーのように重量・寸法などに制限がある場合に使用される。ヘッドの構造は記録用、再生用ともにリング状コアの一部に狭いギャップ(間隔)を設けてあり、コアの一部にコイルが巻かれている。消去ヘッドには幅の広いギャップのものが使われる。なお、磁性材料としてはパーマロイフェライト、センダスト、アルパームなどが使用されている。[金木利之・吉川昭吉郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じき‐ヘッド【磁気ヘッド】
〘名〙 (ヘッドはhead) テープレコーダーやVTRで、音や画像を磁気の変化としてテープに記録する部分。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁気ヘッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磁気ヘッドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation