@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

磁硫鉄鉱【じりゅうてっこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

磁硫鉄鉱
じりゅうてっこう
pyrrhotite
Fe1~xS (0≦ x <1) の硫化鉄。古銅黄ないし帯赤色で不透明,金属光沢をもつ板状,錐状の結晶。しかし普通は塊状,粒状の集合体である場合が多い。比重 4.58~4.65,硬度 3.5~4.5。温度により変態し,低温型,中間型,高温型に分けられる。塩基性火成岩,ペグマタイト,接触交代鉱床,高温熱水鉱脈などに硫鉄ニッケル鉱や他の硫化物と一緒に産出する。ノルウェーのコングスベル,ドイツのアンドレアスベルク,イタリアのトレンティーノ,カナダのサドバリーなどが有名な産地。 x =0の FeS はトロイライトまたは単硫鉄鉱と呼ばれ,いくつかの隕石の重要な構成鉱物である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じりゅう‐てっこう〔ジリウテツクワウ〕【磁硫鉄鉱】
硫化物からなる鉱物。暗褐色金属光沢があり、磁性を示す。結晶六方晶系または単斜晶系接触交代鉱床熱水鉱床などに、他の硫化鉱物とともに産する。ピローライト。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じりゅうてっこう【磁硫鉄鉱 pyrrhotite】
磁性の強い鉄硫化鉱物。鉄と硫黄の比はほぼ1:1であるが,わずかに鉄の方が少ないので,化学成分はFe1~xSと記す。xの値は0~0.125程度。六方晶系であるとして,ほとんどの性質は理解できる。しかし,xの値および温度に応じて結晶系や単位格子,あるいは磁気的性質も,厳密には異なるので,本鉱を加熱した場合に得られる最も単純な単位格子(六方晶系,1C型)を基準として,1C~6C型および幾つかの中間型に細分される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

磁硫鉄鉱
じりゅうてっこう
pyrrhotite

硫化鉄鉱物の一つ。厳密には、鉱物学的に独立した、少なくとも6種の異なった化学組成の鉱物を含む総称的な名称である。接触交代鉱床(スカルン型鉱床)、含銅硫化鉄鉱床、中~深熱水鉱脈鉱床、正マグマ性鉱床中などに産し、各種硫化鉱物と共存して産する。比較的高温、還元環境下での産物とみなされるが、硫黄(いおう)に比べて鉄の少ないものほど低温でできやすい傾向にあり、また磁力が強い。自形は六角板状ないし短柱状である。日本のおもな産地としては、岩手県釜石(かまいし)鉱山(閉山)、埼玉県秩父(ちちぶ)鉱山(閉山)、茨城県日立鉱山(閉山)、愛媛県別子(べっし)銅山(閉山)などがある。利用法としては、まず焼却して三二酸化物とし、これを鉄鉱石として用いるが、現在はほとんど行われていない。英名は、ギリシア語の「赤」を意味する語pyrrosに由来する。

[加藤 昭 2017年5月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じりゅう‐てっこう ジリウテックヮウ【磁硫鉄鉱】
〘名〙 硫化鉄鉱の一種。鉄と硫黄を成分とするが、ニッケルやコバルトを含むこともある。金属光沢を有し、変色すると暗褐色になる。自形結晶は六方または単斜晶系。磁性がある。超塩基性岩や接触鉱床中などに塊状または粒状で産出する。酸化させて鉄鉱石とする。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

磁硫鉄鉱
ジリュウテッコウ
pyrrhotite

Fe1-xS(x = 0~0.2).組成比によって,六方型,単斜型,そのほか種々の超格子構造が知られている.すべてヒ化ニッケル型構造.おもに塩基性火成岩に産出し,ペントランド鉱およびほかの硫化鉱物と共生する.鉄と硫黄または黄鉄鉱(FeS2)をH2Sガス中550 ℃ に加熱して合成する.温度により種々の変態を示す.一般にみられるのは低温型で,六方2C型(troilite,FeS),六方5C型(FeS-Fe7S8),単斜4C型(Fe7S8)がある.320 ℃ 以上で高温型にかわる.硬度3.5~4.5.密度4.58~4.65 g cm-3.板状{0001},へき開はなく,もろい.金属光沢,黄褐色で,磁性に強弱差がある(348 ℃ で消失).FeのかわりにNi,Co,Mn,Cuが含まれることがある.塩酸に溶けて硫化水素を発生する.硫酸べんがらの製造に利用される.含ニッケル磁硫鉄鉱床はニッケル資源として重要である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁硫鉄鉱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磁硫鉄鉱の関連情報

関連キーワード

トロイライト硫化鉄鉱硫化鉄鉱物アルメル・クロメルチンワルド雲母マンガン硫化物ビュスタイト(データノート)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation