@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

磁赤鉄鉱【じせきてっこう】

世界大百科事典 第2版

じせきてっこう【磁赤鉄鉱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

磁赤鉄鉱
じせきてっこう
maghemite

鉄の酸化鉱物の一つ。赤鉄鉱と同質異像関係にあるが、原子配列は磁鉄鉱に似る。磁鉄鉱の地表風化による産物として産し、またある種の火成岩の微量成分や温泉沈殿物あるいは海底堆積(たいせき)物中に存在する。磁鉄鉱より磁力が強く、塊状磁鉄鉱中に含有される場合には、とくに天然磁石(ロードストーンroadstone)とよばれることもある。工業的に合成され、磁気録音テープの素材として用いられることもある。英名は、磁鉄鉱magnetiteと赤鉄鉱hematiteの最初の音節を組み合わせたもの。赤鉄鉱の化学組成に一致し、強い磁性があることにより名づけられた。

[加藤 昭 2017年5月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁赤鉄鉱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磁赤鉄鉱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation