@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

磐舟柵【いわふねのき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

磐舟柵
いわふねのき
石船柵」とも書き,新潟県村上市にあったという古代城柵 (→ ) 。大化4 (648) 年,信越を移して蝦夷地開拓の拠点としておかれた。廃止時は不明。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いわふね‐の‐さく〔いはふね‐〕【磐舟柵】
大化4年(648)、蝦夷(えぞ)に備えて越後国に設けられた柵。大和朝廷の北方進出の根拠地。現在の新潟県村上岩船付近と考えられている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いわふねのさく【磐舟柵】
〈いわふねのき〉ともよぶ。日本古代の城柵。7世紀半ばから9世紀前半にかけて現在の新潟県と東北地方に当たる地域には20近い柵,城が置かれるが,磐舟柵は,前年に造られた渟足(ぬたり)柵についで648年(大化4)に置かれた最古に属する柵である。このとき越(こし)と信濃の民を選び柵戸を置いて蝦夷に備えた〈磐舟柵〉とか698年(文武2)や翌々年に修理した〈石船柵〉といった記事が見られるので実際に存在したことは疑いのないところであるが,所在地はわからない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

磐舟柵
いわふねのき

新潟県村上市地内にあった古代城柵(じょうさく)。前年設置の渟足柵(ぬたりのき)と呼応し、北越地方の開拓経営基地として、648年(大化4)に設置された。村上市岩船地区の旧岩船潟近くにあったと考えられる。三面(みおもて)川を境界として、その北部山地の蝦夷(えみし)、夷狄(いてき)に対する防衛基地としての役割も担っていたと認められ、北部が平穏化するまでこの柵の任務は重要で、698年(文武天皇2)と700年にも、「石船柵」の表記で修理の加えられた記録がある。近くに鎮座していたものと考えられる式内社の石船(いわふね)神社もある。1957年(昭和32)に該当遺跡と目される遺構が発掘調査された。

[新野直吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

磐舟柵
いわふねのさく
飛鳥時代,蝦夷 (えみし) に備えて設けられた城柵
現在の新潟県村上市にあった。大化の改新後の648年,蝦夷経営の前進基地として設けられ,柵戸が配置された。前年設置の渟足柵 (ぬたりのさく) とともに日本海側の重要基地となった。712年出羽国が設置されてからほどなく廃止された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磐舟柵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磐舟柵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation