@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

磨石【すりいし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

磨石
すりいし
名称を最広義に理解すれば、擦痕(さっこん)、研磨痕の認められる石はすべて磨石ということができる。しかし普通は、主として石皿とセットになって、石皿の上で植物質のものを磨(す)りつぶす機能をもったものが多い。そのため磨石は一定の形態的なまとまりを備え、球状に近いもの、分厚い楕円(だえん)状あるいは円形状のもの、柱状をなすものなどがある。磨りつぶす機能のほかに敲石(たたきいし)としてあわせて使用されたために、一部に敲打痕(こうだこん)のある磨石もある。磨石は縄文時代にもっとも広く認められるが、旧石器時代にも類例がある。
 日本列島以外の東アジア・西アジアの新石器時代では、棒状の磨石を、平らな板状の石に磨りあわせて穀物を磨りつぶしたため、磨石がくびれをもった石棒状を呈し、板状の石が磨り減って鞍(くら)状のカーブを呈することが多い。縄文時代の縁をもつ石皿と磨石のセットに対して、こうした例を鞍形石臼saddle quernと棒状磨石のセットという。[小野 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磨石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磨石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation