@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

磨製石器【ませいせっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

磨製石器
ませいせっき
石材を研磨してつくった石器。局部磨製と全磨製とがあり,石斧石鏃などがある。世界的にみられる器で,多用されるのは新石器時代以降である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ませい‐せっき〔‐セキキ〕【磨製石器】
磨いて仕上げた石器。日本では縄文時代弥生時代に一般化し、用途によって打製石器と作り分けている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ませいせっき【磨製石器】
石器時代に使われた石器のうちの〈磨く〉技術によって作られた石器類の総称。磨製の技術は打ち欠く技術より遅れて開発されたが,旧石器時代後期までさかのぼることが知られている。磨製石器は世界中で農具工具,食品加工具,装身具などとして作られ,時代また地域によって種類,変化も大きく,したがって学術的には総称を用いることは少ない。個々の器種別の名称で呼ばれ,必ずしも磨製とことわらないことがあり,ときには磨製と付け加えて時代を区別することもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ませいせっき【磨製石器】
刃などの局部や全体を磨き、鋭利さを増した石器。中石器時代より出現。 → 打製だせい石器

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

磨製石器
ませいせっき
石材加工の三つの基本技術の一つ「磨く」方法によって最終的に形を整え、機能を与えた石製道具類をさす。石製の砥石(といし)(砂岩)を用いて研ぎ減らす作業が行われるが、初め打ち割る技術によって粗く形をつけておくこと、さらに磨きの効率をあげるために敲打(こうだ)によって割れ面の凹凸をならすように調整する作業もあわせて行われることがある。後期旧石器時代には唯一の局部磨製石斧(せきふ)がある。縄文時代には小形局部磨製石斧、擦切(すりきり)石斧、乳棒状石斧、定角(ていかく)式石斧、小形磨製石斧類や、非実用的な石棒、石剣、石冠(せっかん)、独鈷(どっこ)石、青竜刀(せいりゅうとう)石器、御物(ぎょぶつ)石器、磨きあげて文様を刻み込む岩偶(がんぐう)、岩版などがある。弥生(やよい)時代には太形蛤刃(ふとがたはまぐりば)石斧、扁平片刃(へんぺいかたば)石斧、柱状片刃石斧(抉入(えぐりいり)石斧)、有角石斧、環状石斧、多頭石斧などの磨製石斧類や、石包丁(いしぼうちょう)、大形石包丁、磨製石鏃(せきぞく)、金属製武器模倣の石剣類、紡錘車などがある。実験によると、立木の伐採の場合、磨製石斧は打製石斧より効率がよいという。多くは比較的磨きやすい岩石(砂岩、粘板岩、片岩類、蛇紋岩など)が用いられるが、弥生時代の太形蛤刃石斧には硬い安山岩、斑糲(はんれい)岩、閃緑(せんりょく)岩が用いられている。[松沢亜生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ませい‐せっき ‥セキキ【磨製石器】
〘名〙 研磨された石器の総称。日本の縄文時代は打製石器が中心であるが一部に磨製がみられる。彌生時代に盛行し、器種として、石鏃・石斧・石庖丁・石棒のほか、金属利器を模した石剣・石戈などがある。〔大増補改訂や、此は便利だ(1936)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

磨製石器
ませいせっき
砂や砥石 (といし) で表面を磨いた石器
旧石器時代の打製石器に対して,新石器時代に作られた石器。農耕発達に伴って石斧や石臼・石皿・石杵など多くのものが現れた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

磨製石器
ませいせっき
石を磨いてつくりあげた石器
打製石器に対するで,この技術は新石器時代のもの。日本では縄文時代に磨製の石斧や石剣がみられ,弥生時代には石包丁が現れた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磨製石器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

磨製石器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation