@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【イシズエ】

デジタル大辞泉

いし‐ずえ〔‐ずゑ〕【礎】
《「石据え」の意》
家屋や橋などの柱の下に据える土台石。根石(ねいし)。柱石(はしらいし)。
物事の基礎となる大切なもの。また、その人。「建国のとなる」「今日の繁栄のを築く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ【礎】[漢字項目]
常用漢字] [音](漢) [訓]いしずえ
建物の柱をのせる土台石。「礎石基礎定礎
物事を成り立たせる根本。「国礎
[名のり]き

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いしずえ【礎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いしずえ【礎】
石据えの意
建物の土台となる石。柱石。土台石。礎石。 建物の-だけが昔をしのばせる
(比喩的に)物事の基礎となる大事なもの、あるいは人。 事業の-をきずく 国の-となる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いし‐ずえ ‥ずゑ【礎・磌・
〘名〙 (古くは「いしすえ」。「石据え」の意から)
① 建造物の柱、壁などの下に土台となる石をすえること。また、その石。土台石。柱石。つみいし。根石(ねいし)。礎石(そせき)。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※徒然草(1331頃)二五「おのづからいしずへばかり残るもあれど」
② 物事の基礎となるもの。また、そのような人。もとい。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)六「そなたの命は出羽奥州五十四郡の一家中、所存のほぞを堅めさす誠に国の礎(イシズヘ)ぞや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ【礎】
〘名〙
① 柱の下にすえる土台石。いしずえ。礎石(そせき)。基礎。もとい。つみいし。
※兵範記‐仁平三年(1153)一〇月一八日「夏秋之間払四薗壇、整池山、居礎」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五「新たに地を敷ひて礎()を置き」 〔淮南子‐説林訓〕
② 物事の基礎。もとい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

礎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation