@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

礼拝【らいはい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

礼拝
らいはい
神仏などの信仰対象を拝むこと,またその様式儀式をいう。 (1) 仏教ではサンスクリット語の namas-kāra (那謨悉羯羅と音写) の訳として用いられる。身体で恭敬を表現すること。一,三,九拝などがあり,『大唐西域記』巻第2には,発言慰問,俯首示敬,挙手高揖,合掌平拱,屈膝,長跪,手膝踞地,五輪倶屈,五体投地の9種の様式が数えられている。 (2) キリスト教では「れいはい」といい,万物の創造主であるへの絶対的依存と帰依を表明する行為をいい,ただ神にのみ捧げられ,聖者などへの崇敬とは厳密に区別されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らい‐はい【礼拝】
[名](スル)神仏を敬って拝むこと。特に仏教で、仏・菩薩(ぼさつ)に合掌低頭して敬意を表すこと。→れいはい(礼拝)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れい‐はい【礼拝】
[名](スル)
神仏などを拝むこと。
キリスト教で、神の賛美と祈祷(きとう)。教会での礼拝はこれとともに聖餐(せいさん)説教が中心となる。
[補説]仏教では「らいはい」という。→らいはい(礼拝)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れいはい【礼拝 worship】
一般に,信仰対象や人格対象に対して信順・帰依・感謝の気持をあらわす行為。仏教では〈らいはい〉と読むことが多い。普通,低頭,合掌,拍手祈り,読経(どきよう)などをともなう。公的な場において儀礼的,形式的に行われることもあれば(公的礼拝),単独に個人の信仰の深みから行われることもある(私的礼拝)。このように礼拝は,崇拝が純粋に宗教的であるのに対して,聖と俗の両面にかかわっているところに特徴がみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

らいはい【礼拝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らいはい【礼拝】
スル
らいは呉音
敬っておがむこと。特に仏教で、恭敬の心をもって合掌したりひざまずいたりなどしておがむこと。 → れいはい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れいはい【礼拝】
スル
神仏などを拝むこと。特に、キリスト教で、人々がともに神の恵みに感謝する行為をいう。 神を-するらいはい礼拝

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らい‐はい【礼拝】
〘名〙 (「らい」は「礼」の呉音) 礼しておがむこと。特に、仏教では、合掌したり、ひざまずいたり、五体投地したりするなど、種々の礼法がある。れいはい。
※続日本紀‐天平二〇年(749)二月丁酉「巷无居人。争来礼拝」
※真如観(鎌倉初)「一切衆生身中に仏性ありと信じて、礼拝(ライハイ)して讚歎せしかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れい‐はい【礼拝】
〘名〙
① 神仏などを拝むこと。らいはい。〔文明本節用集(室町中)〕 〔漢武故事〕
② キリスト教で、人間が神に崇敬の念を表わす行為。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

礼拝
れいはい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

礼拝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

礼拝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation