@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

礼文町【れぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

礼文〔町〕
れぶん
北海道北西部,日本海に浮ぶ礼文島全域および付属島を含む町。 1959年町制。地名はアイヌ語レプウンシリ (の島の) に由来。江戸時代後期よりニシン漁で栄えた。ホッケカレイタラコンブウニなどの漁獲が多く,水産加工主体の食品製造工業が立地する。中心集落は香深 (かふか) 。利尻島などとともに利尻礼文サロベツ国立公園に属する。稚内からフェリー就航北部礼文空港がある。面積 81.64km2。人口 2773(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

礼文町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

礼文町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation