@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

社会主義者鎮圧法【しゃかいしゅぎしゃちんあつほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

社会主義者鎮圧法
しゃかいしゅぎしゃちんあつほう
Sozialistengesetz
1878年ドイツの宰相ビスマルク社会主義労働者党 (のちのドイツ社会民主党) 弾圧のために発布した法律。正式には「社会民主主義公安を害するおそれのある行動に対する法律」という。 75年のゴータ大会 (→ゴータ綱領 ) でラサール派アイゼナハ派合同,社会主義労働者党が結成された。以後躍進するドイツ労働運動脅威を感じたビスマルクは,78年5月と6月の皇帝ウィルヘルム1世暗殺未遂事件を機に,改選された議会で同法を成立させ,社会主義的傾向をもつすべての結社集会出版を厳禁した。このため社会主義労働者党は非合法となり,多くの労働組合は解散したが,さまざまな形で社会主義運動は続けられていた。 90年ビスマルクの退陣とともに廃止

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃかいしゅぎしゃちんあつ‐ほう〔シヤクワイシユギシヤチンアツハフ〕【社会主義者鎮圧法】
1878年、ドイツの宰相ビスマルク社会主義団体を弾圧する目的で制定した法律。かえって社会主義者たちの団結を強める結果となり、1890年に廃止された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃかいしゅぎしゃちんあつほう【社会主義者鎮圧法 Sozialistengesetz】
1878‐90年にドイツで実施された社会主義弾圧のための法律。ドイツの社会主義運動は1875年にアイゼナハ派とラッサール派が合同してドイツ社会主義労働者党(後のドイツ社会民主党)が結成されて以来,勢力の伸張が目ざましかった。ビスマルクはこれを危険視し,弾圧の機会をうかがっていたが,78年5,6月あいついで起こった皇帝狙撃事件を利用し,帝国議会にいわゆる社会主義者鎮圧法を上程し,同年10月強引に成立させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

社会主義者鎮圧法
しゃかいしゅぎしゃちんあつほう
Sozialistengesetz ドイツ語

1878年10月21日、ドイツで社会主義運動の弾圧を目的に公布された法律。かねて社会主義運動を敵視していたビスマルクは、同年、皇帝狙撃(そげき)事件が起こると、これを口実に議会の協力を得て同法を制定した。この法律は、「社会民主主義、社会主義もしくは共産主義的な活動」によって国家、社会秩序の転覆を図ろうとする結社、集会、印刷物、寄付金の徴集などを禁止したほか、特定地域の部分的戒厳令の施行、違反者の居住地制限などを規定していたので、社会主義運動は大きな打撃を受け、同法施行後の10年間に、1299の印刷物、332の団体が禁止された。しかし社会主義者の被選挙権を奪うことはできなかったから、ドイツ社会主義労働者党は地下活動によって党勢を拡大、90年2月の選挙では142万票、35議席を獲得した。そこでビスマルクは同法の強化を図ろうとしたが、議会が90年1月、同法の有効期限の延長を否決したため、同法は9月失効し、ビスマルク退陣の一因をつくった。

[松 俊夫]

『フリッケ著、西尾孝明訳『ドイツ社会主義運動史』(1973・れんが書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃかいしゅぎしゃ‐ちんあつほう シャクヮイチンアツハフ【社会主義者鎮圧法】
〘名〙 一八七八年ドイツのビスマルク内閣が制定した、社会主義的な傾向をもつすべての結社・集会・出版を厳禁した法律。社会民主党の躍進により、一八九〇年廃止。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

社会主義者鎮圧法
しゃかいしゅぎしゃちんあつほう
Sozialistengesetz
1878〜90年にビスマルクが実施したドイツの社会主義運動弾圧法
2度の皇帝暗殺未遂事件を契機に,社会主義的な結社の禁止,集会・出版の自由の制限を規定した。しかし,非合法活動やドイツ社会民主党の勢力は衰えなかったため,1880年代に労働者の疾病保険,災害保険などの社会政策を実施し,「アメとムチの政策」を行った。1890年ビスマルクの失脚により廃止された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会主義者鎮圧法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

社会主義者鎮圧法の関連情報

関連キーワード

チャイコフスキーおもなお雇い外国人東京(都)エアトン残存主権自由民権メンデンホール洋務運動ローレンツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation