@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

社会保険事務所【シャカイホケンジムショ】

デジタル大辞泉

しゃかいほけん‐じむしょ〔シヤクワイホケン‐〕【社会保険事務所】
社会保険庁出先機関。各都道府県に設置された地方社会保険事務局の下部組織として年金事務を扱った。年金記録問題によって失われた公的年金制度に対する国民信頼を回復するため、平成22年(2010)1月に社会保険庁が廃止され、日本年金機構が発足したことに伴い、社会保険事務所は同機構の年金事務所へ移行した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃかいほけんじむしょ【社会保険事務所】
健康保険法,厚生年金保険法の施行後,全国の主要都市に社会保険出張所が設置されたが,その後1947年に地方自治法施行規程37条1項に基づき,社会保険事務所と名称が改められた。社会保険事務所は,国が保険者たる社会保険のうち厚生省(社会保険庁)が主管する政府管掌健康保険船員保険厚生年金保険および国民年金の一部について保険者の業務を行う機関で,被保険者資格得喪の認定保険料徴収,保険給付裁定,保険給付事務等を行っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

社会保険事務所
しゃかいほけんじむしょ
政府管掌健康保険(現、協会けんぽ)や厚生年金保険等を所管した旧社会保険庁の第一線の現業機関。厚生労働省設置法(平成11年法律第97号)第30条の規定に基づき、各都道府県に設置された地方社会保険事務局の下部組織として設置されていた。2010年(平成22)1月の社会保険庁廃止により発足した日本年金機構の年金事務所に移行した。[山崎泰彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会保険事務所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

社会保険事務所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation