@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

社会保障制度【しゃかいほしょうせいど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

社会保障制度
しゃかいほしょうせいど
社会保障に関する制度のことで,日本国憲法では生存権規定 (25条1項) に次いで,「国は,すべての生活部面について,社会福祉,社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と定められている (同2項) 。この社会保障の内容について,社会保障制度審議会は 1950年 10月 16日の勧告で「社会保障制度とは,疾病負傷分娩廃疾死亡老齢失業,多子その他困窮の原因に対し,保険的方法又は直接の負担において,経済保障のを講じ,生活困窮に陥った者に対しては,国家扶助によって最低限度の生活を保障するとともに,公衆衛生及び社会福祉の向上を図り,もってすべての国民が文化的社会の成員たるに値する生活を営むことができるようにすること」としている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

社会保障制度
しゃかいほしょうせいど
国民の最低生活を社会保険公的扶助その他の諸制度の統一的運用で保障する制度
この制度の原則は日本国憲法第25条の精神に基づくもので,戦後,失業保険・労働者災害補償保険・生活保護法が制定され,形態的には整備されたが,給付水準,運営方法などに問題もある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会保障制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

社会保障制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation