@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

社会統計【しゃかいとうけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

社会統計
しゃかいとうけい
social statistics
社会関係社会現象における合法則性を量的にとらえ,統計化するもの。歴史的にはドイツ社会統計学派からっている。社会統計が社会関係なり社会現象を扱うかぎり,社会の本質理解に役立たなければならない。それゆえ,今日社会学者が一般にこの社会統計を使用するときには,次の4つのいずれかの目的をもっている。 (1) ある特定特質を空間的に数えることによって,その範囲を発見する目的。 (2) ある特定の特質が時間的に一定間隔をおいて起ることを比較考察することによって,その傾向方向を発見する目的。 (3) ある特定の特質を地域的に比較考察することによって,その分布状態を発見する目的。 (4) ある特定の特質が,時間的,周期的ないしは集中的に発生する頻度を測定する目的,あるいはそれらの複合的な目的。また社会統計においては,単位として適合性,明瞭性,測定可能性,比較可能性の4つの条件が必要とされている。典型的には人間の態度測定や社会的距離測定,あるいは集団の人間関係を把握するソシオメトリックスなどに利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃかいとうけい【社会統計】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃかいとうけい【社会統計】
社会的現象に関する統計。人口統計・経済統計など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃかい‐とうけい シャクヮイ‥【社会統計】
〘名〙 社会現象に関する統計。人口統計、経済統計、政治統計、文化統計など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃかい‐とうけい〔シヤクワイ‐〕【社会統計】
社会現象に関する統計。人口統計経済統計・文化統計など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会統計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

社会統計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation