@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

社会【しゃかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

社会
しゃかい
society; Gesellschaft
この言葉は,日常的にも学問的にも多義的である。西欧語の訳語としては 1875年頃福地源一郎 (桜痴) によって初めて採用されたといわれる。ただし,社会とは中国の古典では田舎の祭りのことである。西欧語の語源としては元来「結合する」という意味をもち,人間の結合としての「共同体」を意味した。古代では,「人間は社会的 (ポリス的) 動物である」というアリストテレスの規定にみられるように,社会の観念は思考や感情を共有し,生活をともにする個別的集団をさした (これは 19世紀後半の F.テンニェスの「ゲマインシャフトからゲゼルシャフトへ」説,さらに M.ウェーバーの説などに直接的影響を与えている) 。社会が共同体,集団という意味を離れ抽象的意味をもったのは,共同体が崩壊し個人が自立してきた近代になってからである。ここで初めて「個人と社会」の問題が対立的に考えられた。すなわち社会契約説や自発的結社 (アソシエーション ) を社会の基礎とする見方であり,このような自覚に基づくものが「市民社会」である。またヘーゲルは共同体を基礎に形成された国家を社会とするが,これはマルクス主義にも影響を与えている。これら社会諸現象の諸理論は社会学を自立させ,市民社会説は階級社会説に展開された。現代はいわゆる「大衆社会」 mass societyの現出により,個人と社会の対立という旧来の社会理論に反省を促し,社会全体の主要性格が問題となり,たとえばその知的水準が向上するとともに,「情報社会」「知識社会」とか,技術的制度化が進むにつれ「管理社会」などというように,いろいろの観点から社会学の対象となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃ‐かい〔‐クワイ〕【社会】
《英語 society の訳語として「社会」を当てたのは、明治初期の福地桜痴(源一郎)である》
人間の共同生活の総称。また、広く、人間の集団としての営みや組織的な営みをいう。「社会に奉仕する」「社会参加」「社会生活」「国際社会」「縦社会
人々が生活している、現実の世の中。世間。「社会に重きをなす」「社会に適応する」「社会に出る」
ある共通項によってくくられ、他から区別される人々の集まり。また、仲間意識をもって、みずからを他と区別する人々の集まり。「学者の社会」「海外の日本人社会」「上流社会
共同で生活する同種の動物の集まりを1になぞらえていう語。「ライオンの社会
社会科」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃかい【社会 society】

【語義】
 複数の人びとが持続的に一つの共同空間に集まっている状態,またはその集まっている人びと自身,ないし彼らのあいだの結びつきを社会という。この定義では,街頭群集や映画の観衆のような流動的・一時的な集りは排除されているが,人びとのあいだに相互行為があるとか役割関係があるとか共通文化があるとかいったような,社会学的によりたちいった限定についてはまだふれられていない。これらの点の考察はもう少しあとの段階で述べよう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃかい【社会】
生活空間を共有したり、相互に結びついたり、影響を与えあったりしている人々のまとまり。また、その人々の相互の関係。 -を形成する -の一員全体-
同種の生物の個体間の相互関係や、それらのまとまり。ニホンザルの-
同じ傾向・性質、あるいは目的をもつ人々のまとまり。 上流- 都市-
(自立して生活していく場としての)世の中。世間。 学校を卒業して-に出る
「社会科」の略。 同集落の住民の集まりの意で中国の近思録(1176年)にある。英語 society の訳語として用いたのは福地桜痴とされ、哲学字彙(1881年)にも載る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃ‐かい ‥クヮイ【社会】
〘名〙 (「近思録‐治法類」の「郷民為社会、為立科条、旌別善悪、使勧有一レ恥」から出た語)
① 人々の集まり。人々がより集まって共同生活をする形態。また、近代の社会学では、自然的であれ人為的であれ、人間が構成する集団生活の総称として用いる。家族、村落、ギルド、教会、階級、国家、政党、会社などはその主要な形態である。
※輿地誌略(1826)二「一会の男子壮健の者を選て、立刻に二万の軍を起すべし、而して其余衆、猶社会を空せず」
② 一般的に、家庭や学校をとりまく世の中。世間。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「旧幕時代の社会(シャクヮイ)とちがって、今は何事も自由だから」
③ ある特定の仲間。同類の範囲。また、何人かが集まって構成する特定の場をいう。
※日本詩史(1771)三「以故社会綿綿二十有余年」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「上方出の書生にや、此社会(シャクヮイ)にはいと希なる注意家とこそ思はれたれ」
⑤ 生物学で、群落、群棲。
[語誌](1)幕末から明治初期にかけて、西洋の society という概念に対応する訳語としては「交際」「仲間」「組」「連中」「社中」などが当てられていた。その中で、福地桜痴が明治八年(一八七五)一月一四日の「東京日日新聞」に初めて「ソサイチー」のルビ付きで「社会」という語を使用した。
(2)「和英語林集成」の初版にはないが、改正増補版(一八八六)では見出し語に立つようになる。ただし、最初は当時の「会社」と重なる部分が多く、かなり狭い意味で用いられていた。明治一〇年頃から一般に普及し、現在のような広い意味で使用されるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

社会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation