@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

祇園女御【ぎおんのにょうご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

祇園女御
ぎおんのにょうご
平家物語』巻六に出てくる女性。白河殿ともいわれた。平安時代末期の人。姓氏未詳。白河天皇寵愛を受け,のち平忠盛に嫁した。江戸時代の浄瑠璃祇園女御九重錦 (ここのえにしき) 』に登場。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

祇園女御 ぎおんのにょうご
?-? 平安時代後期の女性。
姓氏は不詳。女御の宣旨(せんじ)はうけていないが,白河法皇(1053-1129)の寵愛(ちょうあい)を一身にあつめ,祇園にすんでいたのでその名がある。崇徳(すとく)天皇,後白河天皇の生母藤原璋子(しょうし)(待賢門院)を猶子とした。平清盛を養育したという説もある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぎおんにょうご【祇園女御】
平曲の曲名。平物(ひらもの)。準拾イ物。平清盛は忠盛の実子でなく,白河院の皇子だという人がある。東山の祇園に,白河院がいつも訪れる女が居り,人々は祇園女御と呼んでいた。院が訪れたある夜,道に怪しく光るものがあった(〈強(こう)ノ声〉)。勅命を受けた忠盛が組みおさえてみると,それは堂守ので,雨よけにかぶったわら束が,手にした灯明で光って見えたのだった。確かめずに殺傷していたら大ごとだったというので,院の賞賛にあずかり,祇園女御を忠盛に賜った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぎおんのにょうご【祇園女御】
平安後期の女性。生没年不詳。下級貴族である源仲宗の妻と伝えられるが,出自等詳細は不明。下級の官女として白河院に仕えていたらしく,院に見いだされ寵愛された。祇園の南東角に堂を構えて当時からこの名でよばれた。白河殿ともいう。院の権威を背景に院近臣の藤原顕季や平正盛の堂などで盛大な仏事を行い貴族社会に影響力をもった。しかし実子に恵まれず,待賢門院,平清盛などを養子とした。【佐藤 圭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

祇園女御
ぎおんのにょうご
生没年不詳。白河(しらかわ)法皇の寵妃(ちょうひ)。蔵人(くろうど)源仲宗(なかむね)の妻とも宮廷に仕えた女房ともいわれるが、姓氏はつまびらかでない。京都祇園に住んでいたのでその名があり、また白河殿ともよばれた。『今鏡』が「三千の寵愛、ひとりのみなり」と記すように、白河法皇の寵を一身に集め、『平家物語』では懐妊した女御が平忠盛(ただもり)に下されて清盛が生まれたとする。しかし滋賀県胡宮(このみや)神社文書によって、清盛の生母は女御の妹で、1120年(保安1)清盛が3歳のとき没したので、女御の猶子(ゆうし)として養育されたとする説が有力である。崇徳(すとく)・後白河両天皇の母待賢門院(たいけんもんいん)藤原璋子(しょうし)も女御の猶子となっている。[谷口 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

祇園女御
(通称)
ぎおんにょうご
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
祇園女御九重錦
初演
宝暦11.1(京・亀谷座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祇園女御」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祇園女御の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation