@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

祖師【ソシ】

デジタル大辞泉

そ‐し【祖師】
仏教で、一つの宗派を開いた人。禅宗達磨(だるま)日蓮宗日蓮浄土真宗親鸞など。開祖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そし【祖師】
一宗一派の開祖,学統流派元祖をいう。日本の仏教では,釈迦釈迦三尊像などであらわされるように大乗仏教として説かれ,仏教の開祖としての釈迦について教えられることは少なかった。また,仏教が長期にわたって断続的に伝えられたために,宗派性が強調されることが多く,釈迦よりも宗祖や日本仏教の開祖としての聖徳太子が賛仰の対象になることが多かった。さらに,多彩な仏教を統一的に理解することは容易ではなかったから,新しい教説を立てたり,仏教を日本人にわかりやすく説いた宗派の開祖が,信仰の対象として重んぜられる傾向が強かった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

祖師
そし

一宗一派を開創した有徳の師。その像を祀(まつ)る堂を祖師堂といい、その住した山を祖山とよぶ。禅宗ではとくに中国禅宗の初祖達磨(だるま)大師をさす。また教外別伝(きょうげべつでん)・不立文字(ふりゅうもんじ)を標榜(ひょうぼう)し、教理や文字によらないで師から弟子へと以心伝心で直接にことばを超えた悟りを伝える禅を祖師禅とよび、中国禅宗の主流を占めた。わが国では、各宗の開祖を宗祖とよぶほか、とくに浄土宗の源空(法然(ほうねん))を元祖、日蓮(にちれん)宗の日蓮を祖師とよぶことがある。

[藤井教公]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ‐し【祖師】
〘名〙
① 一宗一派を開いた僧をいう。禅宗の達磨大師、真宗の親鸞など。また、釈迦をもいう。開祖。
※性霊集‐奥書(1079)「先聖美言、祖師遺冊」
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「きかずや祖師のいはく、修証はすなはちなきにあらず」 〔法華経科註〕
② 学問や技芸などで一派を打ち立てた師。
※観智院本三宝絵(984)下「すべて天竺震旦我国の諸道の祖師達をも供をそなへて同くたてまつる」 〔漢書‐外戚伝下・定陶丁姫〕
③ ものごとのはじめ。もと。元祖。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「しかし又むかしは万事の祖師(ソシ)だから能事(いいこと)は能のさ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祖師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祖師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation