@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

祝祭劇【しゅくさいげき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

祝祭劇
しゅくさいげき
広義には各種の祝典や記念祭に伴うあらゆる演劇上演をいうが、演劇史的にはフェスティバル・プレイfestival play(英語)、フェストシュピールFestspiel(ドイツ語)などの訳語として、16~18世紀にヨーロッパ宮廷都市で行われた祝祭としての演劇行事をさす。これはルネサンス時代のイタリアの宮廷で始まり、最初はインテルメッツォ(幕間(まくあい)劇)として王侯貴族の間で愛好されたが、やがて音楽、舞踊、屋台、行列、花火、噴水などを取り入れた豪華なスペクタクルにまで発展し、これは一方でオペラやバレエを生むことになった。バロック時代に入るとヨーロッパ各地の王宮に広がり、とくにドイツ、オーストリア、フランスの宮廷が競って大規模な祝祭劇を上演したが、新興の都市の記念行事にも取り入れられて、舞台機構にもさまざまなくふうが凝らされた。今日でもこれらの伝統の一部が各都市に引き継がれており、なかでもオーストリアのザルツブルクやグラーツ、イギリスのエジンバラ、イタリアのベネチア、フィレンツェなどの祝祭劇場が有名である。[大島 勉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅくさい‐げき【祝祭劇】
〘名〙 祝祭の際に行なわれる演劇。広義には、古代ギリシアにおけるディオニソス神の祭礼としての演劇上演なども含むが、演劇史的には一六~一八世紀、ヨーロッパの宮廷や都市で催された祝祭的な演劇をいう。バロック時代に盛行し、今日の各地における祝祭劇場の基となった。祝典劇。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祝祭劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祝祭劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation