@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

祝詞【のりと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

祝詞
のりと
祭祀にあたって神前で称える詞章。現在でも祭祀のときにつくられるが,文学史のうえでは,通常『延喜式』巻8所収の 27編 (「東文忌寸部献横刀時呪〈やまとのふみのいみきべのたちをたてまつるときのじゅ〉」を除くもある) ,巻 16所収の「儺祭 (なのまつり) 文」 (これを除く説もある) ,『台記』所収の「中臣寿詞 (なかとみのよごと) 」をさす。国家的祈願や感謝を主要な内容とし,おおむね祭祀の起源祭神に関する神話を述べる部分と幣帛 (へいはく) を奉り祈願,感謝する部分とから成る。その表現は宣命書 (せんみょうがき) という形式をとり,韻律に富み,対句畳句反復,列挙が多く用いられ,荘重ではあるが反面抽象的,類型的。文学的な面では,表現の荘重さとともに,その感情の純粋性,清浄さ,崇高さ,雄大さなどが指摘され,また文学発生の一源泉として重視する説もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅう‐し〔シウ‐〕【祝詞】
祝いの言葉。祝辞。しゅくし。
「末広に―を籠めて」〈一葉・うもれ木〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅく‐し【祝詞】
神に祈る言葉。のりと。
祝いの言葉。祝辞。「新年の祝詞を述べる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のっ‐と【祝詞】
《「のりと」の音変化》
で、神仏に祝(のりと)として捧げる。また、その初めに奏する囃子(はやし)
歌舞伎下座音楽の一。神仏に祈祷(きとう)するとき、大鼓・小鼓能管で奏する。
のりと」に同じ。
「宮人にてましまさば―を参られ候へ」〈謡・蟻通

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

の‐と【祝詞】
《「のっと(祝詞)」の促音の無表記》「のりと」に同じ。
「御舟ごとに―申して、一たびに御はらへする程に」〈宇津保

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のり‐と【祝詞】
儀式など改まった場面で、神を祭り、また、神に祈るときに神前で唱える古体の言葉。現存する最古のものは「延喜式」所収の27編と、藤原頼長の日記「台記」所収の中臣寿詞(なかとみのよごと)1編。のっと。のと。のりとごと。「祝詞を上げる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のりと【祝詞】
神事に奏する詞。ノリトはノリトゴト(詔刀言,能里等其等,祝詞事,祝詞辞,法刀言)の言。また,ノト(ノリトの略言),ノット(ノリトの音便),ノトゴト(ノリトゴトの略言)ともいった。ノリトゴトの語義については諸説あるが,代表的なものとしては,宣説言(のりとごと)(本居宣長),御卜言(みうらごと)すなわち占兆解言(ふとのりとごと)(敷田年治),宣処言(のりとごと)(折口信夫)などがある。祝詞は,こんにちでは一般に神に奏上するものとされているが,もとは神から発せられた詞と考えられていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅくし【祝詞】
祝いの言葉。祝辞。しゅうし。
神に祈る言葉。のりと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のっと【祝詞】
のりと(祝詞)の転
のりと(祝詞)に同じ。
能・狂言の謡の一。神職・巫女などが神にささげる祈りの言葉で、ナリ調の散文。
能・狂言の囃子の一。や山伏の祈禱きとうの謡などに併奏される。
歌舞伎下座音楽の一。を長唄囃子に移したもので、神仏に祈禱するときに、大・小鼓、能管で打ちはやす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のと【祝詞】
「のりと(祝詞)」の転である「のっと」の促音「つ」の無表記形。 神主-いみじく申して/宇治拾遺 10

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のりと【祝詞】
神事に際し、神前で読み上げて神に申し請う内容・形式の文章。現存する最も古いものは「延喜式」に収められた「祈年祭としごいのまつり」以下の二七編。今日でも神事に奏される。文末を「…と宣る」で結ぶ宣命形式のものと「…と申す」で結ぶ奏上形式のものとがあるが、対句や繰り返しを多く用いた荘重な文体である。のりとごと。のと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

祝詞
のりと
神前に奏上する詞(ことば)。その内容は、祭りにより、場所により異なる。祝詞文の構成は、起首、由縁、献供、祈願または感謝、結尾などの章句からなるものが多いが、このほかにも神徳、装飾、奉仕、祝頌(しゅくしょう)などの章句を用いたものもある。ノリトはノリトゴト(祝詞事)の略言である。ノリトの語義については諸説あるが、ノリは上位者から下位者に言い渡すことであり、トは上にある表現を体言化するように働く。神や霊に対して申し上げる祝詞の文体は、「……と白(まを)す」(申す)と結ぶことから、これを「申す型」(奏上体)という。今日の祝詞は、そのほとんどがこの型であるが、その場にいる者に対して、宣(の)り聞かせる形式もあり、これは「……と宣る」と終わることから、「宣る型」(宣下体)という。この型は大祓詞(おおはらえのことば)に継承されている。今日奏されている祝詞の基本は、『延喜式(えんぎしき)』巻第八(祝詞式)に収録されている27編の祝詞で、これを「延喜式祝詞」という。これらの祝詞がつくられた年代は、祝詞が奏された祭祀(さいし)の歴史と軌を一にするものであるから、27編の祝詞が同時につくられたのではない。また、それぞれに変遷もあったであろうが、平安時代にまとめられたのが「延喜式祝詞」であり、これらはわが国の古典文学作品としても高く評価されている。「延喜式祝詞」以降も、今日まで多くの祝詞がつくられているが、文体、語彙(ごい)など、いずれも式祝詞を踏襲したものが多い。[沼部春友]
 祭儀のときに唱えられる詞章。「のりと」の「のり」は「のる(宣る)」から出たものであり、「のる」という宗教的実修における詞章を意味している。各時代を通じて行われてきたが、文学史においてはとくに『延喜式』巻八に収められている朝廷の祭儀の際の27編(うち一つは漢文)と『台記(たいき)』「別記」に伝える「中臣寿詞(なかとみのよごと)」一編とに限定していうのが普通である。『延喜式』は延喜5年(905)に編纂(へんさん)を開始したが、巻八に収められた祝詞は、そのおよそ100年ほど前、9世紀の初めにはほぼ固定していたとみられる。神祇(じんぎ)官において祭りを執り行い、また神宮や神社で祭りを執り行うときに唱えられる詞章として固定したものである。ただ、個々の詞章の成立には幅があり、7世紀から9世紀初めにわたる可能性があるとみられる。
 内容としては、神前に集まった人々や神職などに「諸聞(もろもろきこ)しめせと宣(の)る」と宣下する型のものと、「称辞竟(たたへごとを)へまつらくと白(まを)す」と奏上する型のものとに大別される。構成は、祭儀の由来を述べる部分と祭事の執行を述べる部分とからなる。表現には、列挙、反復、対句などを多く用いるが、そこには、文字以前の口誦(こうしょう)の段階で形づくられた表現をうかがうことができる点で注目される。口誦の表現の様式として、「朝(あした)には御門(みかど)を開きまつり、夕べには御門を閉(た)てまつりて、疎(うと)ぶる物の下より往(ゆ)かば下を守(まも)り、上より往かば上を守り、夜(よ)の守り日の守りに守りまつる」(「祈年祭」)のごときをみることができよう。[神野志隆光]
『武田祐吉他校注『日本古典文学大系1 古事記・祝詞』(1958・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐し シウ‥【祝詞】
〘名〙 (「しゅうじ」とも) 祝賀を述べることば。いわいのことば。また、それを書きしるした文。賀詞。祝辞。しゅくし。〔文明本節用集(室町中)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅく‐し【祝詞】
〘名〙
① 神に祈ることば。のりと。〔祭汾陰楽章‐粛租〕
② (━する) 祝賀の意を述べること。また、祝儀の席で述べる祝いのことばや文章。祝辞。祝文。
※壒嚢鈔(1445‐46)五「女踏歌と申は、大方京師の遊士の声能て物歌ふを召て、年の始の祝詞を作て歌はせ」
※譬喩尽(1786)五「焼驕(やけぼこり)目出度とて衣類に飛火して焼るを祝詞(シュクシ)す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のっ‐と【祝詞】
〘名〙 (「のりと(祝詞)」の変化した語)
① =のりと(祝詞)〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※鎌倉殿中以下年中行事(1454か)正月二三日「御幣を神主被請取、のっとを申て、手を三度打時、御下向ある也」
② 能楽で、神に祝詞(のりと)としてささげる文句の謡(うたい)。また、その謡に伴奏する囃子(はやし)の名。
③ 歌舞伎の下座音楽の一つ。能楽の囃子を長唄の囃子に転用したもので、神仏に祈祷する時などに大小鼓と能管とで打ちはやす。
※歌舞伎・御摂勧進帳(1773)五立口「ト、のっとになり皆々舞台へ出る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のっ‐とう【祝詞】
〘名〙 「のりと(祝詞)」の変化した「のっと」がさらに変化した語。
※虎明本狂言・のっとうかぐら(室町末‐近世初)「まさごをとってさんまいとし〈略〉のっとうをこそ申けれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

の‐と【祝詞】
〘名〙 (「のりと」の変化した「のっと」の促音「っ」の無表記) =のりと(祝詞)
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「御舟毎にのと申して、一度に御はらへする程に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のり‐と【祝詞】
〘名〙 神をまつり神を祈る時、神に向かって唱える古体の独特の文体を持ったことば。広く「祓(はら)え」に読むことばや寿詞(よごと)などを含めていう。現存する最古のものは「延喜式」巻八所収の二七編と、藤原頼長の日記「台記」所収の中臣寿詞(なかとみのよごと)一編で、普通これらをさしていう。しゅくし。のっと。のとごと。のと。ふとのりと。のりとごと。
※書紀(720)天智九年三月(北野本訓)「中臣金連、祝詞(ノリと)を宣(の)る」
[語誌](1)上代では「ふとのりと」、または「ふとのりとごと」の語形で見られるだけである。中古・中世には「のと」「のっと」の形で現われる。「のり」は「宣(の)る」の連用形と見られるが、意味は「のろう」に関係づけられる。「と」は、所の意といい、また、「ことど」の「ど」と同じく、呪言の意とする説がある。
(2)文体は和文体を基調とし、いわゆる宣命書きによる表記がなされる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

祝詞
のりと
神を祭るとき,神に告げる言葉
祝詞・寿詞 (よごと) ・祓詞 (はらいことば) などの総称成立は奈良時代以前といわれ万葉仮名を用いた独特の文体用語平安時代の『延喜式』には祈年祭以下の諸祭の祝詞を27編おさめる。天皇即位後の大嘗祭には中臣氏が寿詞を奏上するならわしであった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祝詞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祝詞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation