@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神仏【カミホトケ】

デジタル大辞泉

かみ‐ほとけ【神仏】
神と。しんぶつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ぶつ【神仏】
神と仏。「神仏の加護を願う」
神道仏教

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ‐ほとけ【神仏】
〘名〙 神や仏。しんぶつ。
※土左(935頃)承平五年一月二三日「このわたり、海賊のおそりありといへば、かみほとけを祈る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ぶつ【神仏】
〘名〙
① 神と仏。
※栄花(1028‐92頃)浦々の別「親の限りにおはせん見奉りたりとて、公家(おほやけ)もいとど罪せさせ給ひ、神仏もにくませ給はば」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)一「殊更世の仁義を本として、神仏(シンブツ)をまつるべし」
② 神道(しんとう)と仏教。
※歌舞伎・勧進帳(1840)「内には慈悲の徳を納め、表は降魔の相を顕し、悪鬼外道を威服せり。これ神仏の両部にして、百八の珠数に仏道の利益を顕す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神仏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神仏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation