@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神体【シンタイ】

デジタル大辞泉

しん‐たい【神体】
神霊が宿っているものとして神社などに祭り、礼拝の対象とする聖な物体古代では山岳巨岩大木などが神体または神のとして考えられたが、今日では・玉・(ほこ)・御幣影像などが用いられることが多い。みたましろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんたい【神体】
神道の祭りや拝礼にあたってその対象となるものを神そのものと仰ぐ場合にいう。神体とは神自身という意味で,古くは《大倭神社注進状》《伊呂波字類抄》《釈日本紀》などに見え,平安中期ごろからの用語とされる。類語としては,〈神体形(かみのみかた)〉や〈霊御形(みたまのみかた)〉が神霊の宿る物体の意味,〈御正体(みしようたい)〉〈御体(ぎよたい)〉は正真正銘の神体の意味となる。しかし記紀にいうモノザネ(物実,物根)や風土記逸文でのシルシ(表)のように,本来は特殊な玉石,岩,樹木あるいは高山名岳など印象の強い自然の物体に神霊の内在降臨をみて祭祀する対象としたが,やがて祭祀の場でこれらを装飾したり奉納したりする人工の宝物,すなわち鏡,玉,剣,鉾,鈴,織布などが神体化し,神社建築が営まれるにしたがって,これらを社殿の奥深くに収めるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんたい【神体】
神霊が宿っているものとして、祭祀さいしに用いられ礼拝の対象となる神聖な物体。古来、鏡・剣・玉・鉾ほこ・影像などが多く用いられた。みたましろ。
能楽で、神らしい風体。 神をば、いかにも-によろしきやうに出で立ちて/風姿花伝

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神体
しんたい
神霊の宿る物体のことで、それは神そのもの、神の本体として礼拝の対象物となる。御霊代(みたましろ)、御正体(みしょうたい)、霊御形(みたまのみかた)ともいう。神籬(ひもろぎ)、磐境(いわさか)、磐座(いわくら)に神霊を招き、それを礼拝の対象物として祭祀(さいし)を行うことは、古典にもみえ、祭祀遺跡としても認められる。また、聖なる山を神体山と称して礼拝したり、特別な滝や泉を祭祀の対象となしている。これらはいずれも自然物であるが、礼拝者にとっては神体とみなされる。社殿内の神体は、鏡が多い。神像彫刻や神像画、あるいは玉や石もある。そのほか弓、矢、剣(つるぎ)、矛(ほこ)などがあり、これらは兵器といわれるが、祭祀具の一種である。仏・菩薩(ぼさつ)や沙門(しゃもん)像を神体とした場合もある。これは本地垂迹(ほんじすいじゃく)思想によるもので、多くは祭神の本地仏である。特殊な例では釜(かま)や枕(まくら)、鈴、笏(しゃく)などを神体としている神社もある。また、木札に神名を記して神体とする場合もある。1868年(慶応4)の神仏分離令以後は、御幣(ごへい)を神体とする神社が増えた。一般に現在の神社は御幣を神体としている。このように、さまざまな神体があるが、とりわけ鏡は代表的で、一名御正体とよばれる。鏡面に神道(しんとう)的な図像や仏・菩薩像や権現(ごんげん)像などを毛彫りにした優品もある。なお、神体を納める容器を樋代(ひしろ)ないし璽筥(しるしのはこ)と称し、樋代を安置するものを船代(ふなしろ)という。[三橋 健]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐たい【神体】
〘名〙
① 神のすがた。神の本体。また、神霊の宿るもの。または象徴として、礼拝の対象としてまつる鏡・剣・玉・鉾(ほこ)・像などの物体。みたましろ。霊体。御神体。
※平家(13C前)八「件の大蛇は日向国にあがめられ給へる高知尾の明神の神体也」 〔邢邵‐冀州刺史封隆之碑〕
② 能楽の脇能で、神にふさわしい性格、または姿形。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「何となく怒れる粧ひあれば、神体(しんたい)によりて、鬼懸りにならんも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation