@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神宮文庫【じんぐうぶんこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神宮文庫
じんぐうぶんこ
伊勢神宮付属の図書館。伊勢市倉田山にある。神宮の旧記をはじめ神祇文学,歴史,法制などの書籍約 24万冊を所蔵。 1873年創設,1906年現在名に改称

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じんぐう‐ぶんこ【神宮文庫】
三重県伊勢市にある伊勢神宮所属の図書館。明治44年(1911)内宮の林崎(はやしざき)文庫外宮(げくう)宮崎文庫を統合して開設。約24万冊を収蔵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神宮文庫
じんぐうぶんこ

伊勢(いせ)神宮の経営する図書館。伊勢市倉田山にある。その起源は、度会延佳(わたらいのぶよし)などが1648年(慶安1)に創設した豊宮崎(とよみやざき)文庫と、宇治会合年寄(としより)が1686年(貞享3)に建てた林崎(はやしざき)文庫(初め内宮(ないくう)文庫と称した)にさかのぼる。両文庫には多くの大学者が来庫し、秘籍の献納も相次いだが、1907年(明治40)に当文庫の名のもとに統一された。伊勢神宮の所蔵する根本史料をはじめとして、神道(しんとう)、国史、国文関係の重要な典籍を蔵している点に当文庫の特色があり、蔵書数は24万冊の多きに達している。国宝『玉篇(ぎょくへん)』巻22、国重要文化財の『古事記裏書』『古事記上巻』『日本書紀私見聞』など貴重な書400余冊がある。また旧久邇宮(くにのみや)下賜本、近世の神宮考証学の面で名高い御巫清直(みかんなぎきよなお)の退蔵(たいぞう)文庫、塩業関係史料として知られる御塩殿(みしおでん)文書などまとまりある文書・書籍は少なくない。

[中西正幸]

『神宮文庫編『神宮文庫図書目録』(1922・神宮司庁)』『神宮文庫編『善本写真集』(1958・神宮司庁)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんぐう‐ぶんこ【神宮文庫】
三重県伊勢市の倉田山にある伊勢神宮所属の図書館。旧内宮文殿(林崎文庫)所蔵の図書をもとに、明治四〇年(一九〇七)豊宮崎文庫と合併。主に、神宮、神道関係の貴重書を収蔵。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神宮文庫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神宮文庫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation