@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神崎川【かんざきがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神崎川
かんざきがわ
大阪府を流れる淀川分流の1つ。大阪・摂津市付近で分流,西流して兵庫県境で猪名川合流南西に流れて兵庫県との境界を形成して大阪湾に注ぐ。全長約 19km。中世には三国川とも呼ばれ,淀水運の一翼をになったこともある。現在,沿岸には染色化学金属などの工場が立地し,その用排水路となっているため水質汚濁が問題となったが,近年は水質の改善がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんざき‐がわ〔‐がは〕【神崎川】
大阪市北部を流れる川。摂津市西部で淀川から分流して安威(あい)川と合流し、尼崎市神崎で猪名(いな)川を合わせて大阪湾に注ぐ。長さ18.7キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんざきがわ【神崎川】
淀川下流の分流の一つで,摂津市南端付近で淀川から分かれ,大阪市の北端を南西方向に流れて大阪湾に入る。流路の延長はわずか21kmであるが,安威川と猪名川を支流とするため,流域面積は627km2に及ぶ。下流には左門殿(さもんど)川,中島川の分流があって大阪府と兵庫県の境界をなす。古代から中世にかけては三国川と呼ばれた。785年(延暦4)の開削工事によって淀川と連絡し,以後淀川水運の幹線となり,江口吹田神崎河尻の河港が発達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

神崎川
かんざきがわ

淀川(よどがわ)下流右岸の分流。延長約19キロメートル。大阪市東淀川区江口(えぐち)で淀川から分かれ、安威川(あいがわ)、猪名川(いながわ)などをあわせて大阪湾に注ぐ。中世まで三国川(みくにがわ)とよばれ、もともと淀川とは別の現安威川筋の川であったが、785年(延暦4)に堀で淀川と通じ、1878年(明治11)分流後の曲流部を真西に河道が付け替えられた。中世には江口、高浜(吹田(すいた)市)、大物浦(だいもつのうら)(尼崎(あまがさき)市)の河港が栄えた。現在沿岸は化学工業地帯となっている。

[前田 昇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんざき‐がわ ‥がは【神崎川】
茨木市の西北方山地に発し、吹田市南部で安威川と合流、大阪府と兵庫県の境を流れて尼崎市神崎で猪名川を合わせて尼崎港に注ぐ川。京都と西国を結ぶ要路。全長約二〇キロメートル。三国川。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神崎川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神崎川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation