@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神木【しんぼく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神木
しんぼく
神が依りつくとして神聖視される樹木。古くから,は何か物に依りついて具現化ると考えられていた (→依代 ) 。そこで神木を神の表徴とみなしたり,樹木に神霊が宿ると考え,畏怖し,神聖視してきた。普通神木になる木には,松,すぎ,くすのきなどが多く,またふたまたの木などのように,外見上の形質が特異なものもある。神社では,大木などに注連縄 (しめなわ) を張って神木とする風習がある。さらに神社の森そのものを神木とみなすこともあり,樹木が信仰生活と密接な関係にあったことを例証している。なお,神木は樹木そのものを信仰対象とする樹木崇拝とは区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐ぼく【神木】
神社境内にある木。特に、その神社にゆかりがあって神聖視されている樹木。一般に、注連縄(しめなわ)を張りめぐらしたり(さく)を設けたりする。
神霊の宿る木。神樹。多く、榊(さかき)をいう。
春日(かすが)の神木」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぼく【神木】
神社の境内や神域にあって神聖視される樹木をいう。霊木,勧請木(かんじようぼく),神依木(かみよりき)ともいわれる。神域全体の樹林を指す場合もあるが,多くは祭神由緒に関係の深い樹種や老樹巨木に標縄(しめなわ)を張り柵をめぐらせて標示する。古来神霊は樹木に降臨するとの観念から,なんらかの奇瑞伝承をもつか畏怖の印象を抱かしめるたぐいの特殊な外見をもち,伐採や不浄にはたたりをもたらすとされる場合が多い。松,杉,ヒノキなどの常緑樹が一般的だが,神社によって特定の神木がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

神木
しんぼく

広義には神聖視されている樹木。一般には神社の境内などにあって、注連縄(しめなわ)などを張り巡らし、崇敬されている樹木。松、杉、檜(ひのき)などの常緑樹が多く、大木が多い。神木思想の根底には、日本人の緑樹崇拝の思想があるといえよう。大木ではないが、「峰の三つまた、谷の二又の木」などといって、存在地点・形態が際だって他の樹木と異なって目だつとき、これを神木としている所もある。東北地方では、このような異形の木を、山の神の遊び木、天狗(てんぐ)の住んでいる木として神聖視している。静岡県西部地方では、根元は1本で途中から二又に分かれている大木を、ヒトオシの木とよび、そこを通して太陽が見えるといって、神木としている。そのほか各地に伝承される矢立(やたて)杉、弘法(こうぼう)大師(空海)や日蓮上人(にちれんしょうにん)などの高僧の杖立(つえたて)杉や影向(ようごう)の松、子供を育てたという乳母銀杏(うばいちょう)など、いずれも神霊の宿る木として崇(あが)められているものである。ある時期、太鼓の音がするという音の出る木なども、他の樹木と異なり、神の依代(よりしろ)として、神降臨のあることを信じたものである。日本人の神木思想は、門松(かどまつ)や盆の灯籠(とうろう)松、柱松などのように、年中行事や氏神の祭りに1本の木を立てて神事を行う習俗の基盤となっているものである。また、神木入洛(じゅらく)といって、平安末期・中世には、奈良の興福寺僧兵が、春日(かすが)大社の神体になぞらえた榊(さかき)の神木を奉じて朝廷に強訴したりした。

[鎌田久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

神木 (サカキ)
学名:Cleyera japonica
植物。ツバキ科の常緑高木,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐き【神木】
〘名〙 (「かむき」とも表記) 神の降臨する神聖な木。神体と考えられる木。手を触れることは罪とされた。しんぼく。
※万葉(8C後)四・五一七「神樹(かむき)にも手は触るといふをうつたへに人妻といへば触れぬものかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ぼく【神木】
〘名〙
① 神社の境内や神域にある樹木の総称。
※性霊集‐序(835頃)「神木霊草之区、耳目所経未嘗不一レ究」 〔班固‐西都賦〕
② 神霊の宿っている木。多く榊(さかき)をいう。神樹。〔名語記(1275)〕
③ 神社の境内にあって、その神社にゆかりがあるものとして、特に注連(しめ)などを張ったり、柵を設けたりしてまつってある樹木。三輪神社の杉、北野天満宮の梅、熊野神社の梛(なぎ)などの類。
※筑紫道記(1480)「同じ御神ながら筥崎にては神功皇后と申。爰には聖母と号し奉る。神木も筥崎はまつ。ここは杉なり」
④ 特に、奈良の春日大社で、御神体になぞらえた木。春日の神木と称され、強訴(ごうそ)の際に捧持されたり、田地などの点定(てんじょう)にあたり、その四隅に立てられたりした。
※百練抄‐寛治七年(1093)八月二六日「興福寺大衆率春日神民、集会勧学院。捧鋒神木、随身鏡鈴
※平家(13C前)五「いささかの事にも春日の神木、日吉の神輿などいひてみだりがはし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かむ‐き【神木】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation