@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神歌【カミウタ】

デジタル大辞泉

かみ‐うた【神歌】
神をたたえ、神力の発揚を期してうたう歌。
「―を歌ひ給ひければ、天照大神(あまてらすおほむかみ)是にめで給ひて」〈太平記・二五〉
平安後期の雑芸(ぞうげい)の一。本来、神楽歌直系であるが、のちに世俗の流行歌謡に移行する。2句の短歌形式のものと4句の今様形式のものとがある。
能の「翁(おきな)」のときにうたしんか。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐か【神歌】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみうた【神歌】
(1)神に関する歌謡の総称 神詠,すなわち神の詠歌も含むが,神楽,神遊びなど神事に用いる歌謡をさすことが多い。現行神楽中最古の神歌を伝えているのは御神楽(みかぐら)で,その中心部は,幣(ぬさ),(つえ),ささ),,剣(つるぎ),,杓(ひさご),(かずら)の採物歌(とりものうた)である。神歌という称の歌謡を最も多く載せている文献は《梁塵秘抄》で,和歌形式の二句神歌約120首,七五調四句の今様形式である四句神歌約200首が収録されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しんか【神歌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみうた【神歌】
神の徳をたたえる歌。 -を歌ひ給ひければ/太平記 25
神祇じんぎに関する内容を、今様歌謡の曲節によって謡ったもの。四句神歌=今様体と二句神歌=短歌体とがある。 かがみ=地名の傀儡くぐつども参りて歌つかふまつりけるに、-になりて/無名抄
能楽で、「翁おきな」のときに謡う詞章。しんか。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんか【神歌】
じんかとも

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ‐うた【神歌】
〘名〙
① 神のうたう歌。神の詠じたという歌。神詠(しんえい)
※太平記(14C後)二五「一千の神達を引調子を調(そろ)へて、神歌(カミウタ)を歌ひ給ければ、天照太神是にめで給て」
② 神の徳をたたえる歌、また、神事に関する歌の意で、主として、平安時代の歌謡の一種をいう。神遊びの歌や神楽歌などの神事に関する歌を、謡物の曲節でうたうもの。広義の今様(いまよう)のうちに含まれ、二句神歌、四句神歌などに分かれる。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「御神子(みかうのこ)おりて舞ひ入り、山人かへす物の音いだし、かみうたつかまつる」
③ 能楽で「翁(おきな)」の詞章。しんか。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐うた【神歌】
〘名〙 (「かむうた」とも表記) 神事に関する歌謡。かみうた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐か【神歌】
〘名〙
① 神のうたう歌。かみうた。
② 神の徳をたたえるうた。また、神事に関する歌。特に平安時代の歌謡の一種をいう。神遊びの歌や神楽歌などの神事に関する内容を、謡い物の曲節によってうたうもの。四句神歌と二句神歌とがあり、広義の今様のうちに含まれる。かみうた。
③ 能楽で「翁(おきな)」の詞章をいう。かみうた。
④ 神道と歌道。
※仮名草子・伽婢子(1666)一〇「内外二典(じてん)に渡り、神歌(シンカ)両道にたづさはり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かむ‐うた【神歌】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation