@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神祇伯【じんぎはく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神祇伯
じんぎはく
律令における神祇官長官 (かみ) 。位階は従四位下で,太政官大臣に比べ,著しく低い。神祇祭祀,祝部 (はふりべ) ,神戸名籍大嘗祭鎮魂祭などを司った。平安時代末期以後,白川家世襲となった。明治2 (1869) 年の官制の改正により,再び設けられたが,同4年に廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんぎはく【神祇伯】
律令制の神祇官の長官。従四位下相当官。神祇の祭祀,祝部(はふりべ),神戸(かんべ)の名籍,大嘗,鎮魂,御巫(みかんなぎ),卜兆のこと等をつかさどり,神祇官を惣判した。伯は,はじめ,大中臣,巨勢(こせ),石川,文室,多治比,藤原等各氏が混任し,太政官に本官を持つ者の兼官が多かった。しかるに,平安時代中期876年(貞観18)に棟貞王が,神祇伯に任官して以降,多く皇親である王が任官するようになり,先例となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じんぎはく【神祇伯】
律令制で、神祇官の長官。従四位下相当。白川家が世襲。かむづかさのかみ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じんぎ‐はく【神祇伯】
〘名〙 令制で、神祇官の長官。従四位下相当。神祇の祭祀・卜兆のことや祝部・神戸の名籍の管理のことなどをつかさどる。はじめ中臣・巨勢氏などから任ぜられたが、永万元年(一一六五)花山天皇の後裔顕広王が任ぜられてのち、その子孫の白川家が世襲し伯家と呼ばれた。白川家は源氏賜姓後も神祇伯任官とともに王氏に復し王号を称した。かんづかさのかみ。神祇の伯(かみ)
※続日本紀‐和銅元年(708)三月丙午「以従四位上中臣朝臣意美麻呂神祇伯

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じんぎ‐はく【神×祇伯】
律令制で、神祇官の長官。かみづかさのかみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神祇伯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神祇伯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation