@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神秘主義【しんぴしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神秘主義
しんぴしゅぎ
mysticism
神,絶対者などの究極的実在との直接的・内面的一致の体験を重んじる哲学ないし宗教上の思想。この神秘的体験は言語では表現しえないとする。この体験が主観客観の対立を超越して直接的無媒介的である以上,それは歴史上の啓示や秘跡そのほかの合理的手段による経験とは区別されるものであり,さまざまな歴史的現実として現れる。シャーマニズム呪術,魔術などにも神秘的要素は多少認められるが,神秘主義が明確なかたちをとるのは,西洋ではオルフェウス教などギリシアの宗教やプラトン主義の伝統,東洋では梵我一如(ぼんがいちにょ)を唱えたウパニシャッド哲学などである。神人融合の神秘主義はキリスト教では異端視されたが,プロチノスに代表される新プラトン主義的神秘主義は,その後のキリスト教に大きな影響を与えた。美術では,客観的描写をこえて神秘的・宗教的情趣を表現しようとする傾向の作品をいう。原始時代の造形や中世の絵画,彫刻にはこの傾向が濃厚であるが,これらを神秘主義とはいわない。むしろ近代におけるスペインのエル・グレコ,イギリスのラファエル前派,ウィリアム・ブレーク,フランスのオディロン・ルドンらの作品をさす。音楽では,14世紀の宗教行事中の音楽や,現代の神秘和音を用いたアレクサンドル・スクリャービンの音楽をさす。(→キリスト教神秘主義

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんぴ‐しゅぎ【神秘主義】
神や絶対的なものと自己とが体験的に接触・融合することに最高の価値を認め、その境地をめざして行為や思想の体系を展開させる哲学・宗教上の立場新プラトン学派エックハルト、イスラム教のスーフィズムなどが代表的。文学など芸術上の傾向にもいう。→神秘主義文学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぴしゅぎ【神秘主義】

定義特質
 英語のmysticismなど〈神秘主義〉と訳される西欧近代語は,語源的には,〈(目あるいは口を)閉じる〉という意味のギリシア語myeinに由来するといわれる。それによってすでに通常の表現を許さない経験が示唆されているが,神秘主義とは,神,最高実在,宇宙の究極的根拠などと考えられる絶対者を,その絶対性のままに人間が自己の内面で直接に体験しようとする立場をいい,さまざまなバリエーションをもって広く宗教史のうちにあらわれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんぴしゅぎ【神秘主義】
絶対者・神などの超越的実在は、感覚や知性の働きによっては認識できないので、それらを超えて何らか直接に体験しようとする宗教・哲学上の立場。インドのヨーガ、プロティノスの新プラトン主義、キリスト教と対立したグノーシス主義、イスラム教のスーフィズム、エックハルトの中世神秘主義などが顕著な例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神秘主義
しんぴしゅぎ
mysticism
神、最高実在、宇宙の根本理法など、それぞれの宗教でたてられる究極的・絶対的なるものへ自己が直接に合一、透入する体験を「神秘体験」という。神秘体験に至上の救済価値を認め、これを中心として独特の思想や行動を展開させるような、宗教の体系ないし形態が「神秘主義」とよばれる。[脇本平也]

基本的特質

神秘体験は、尋常普通の経験とは類を異にした特別な宗教体験である。英語のmysticismはギリシア語myein(目または口を閉じるの意)からきたといわれるように、この体験は、主観―客観の対立において見たり述べたりする日常的・合理的認識の領域を超えている。そのゆえに神秘と称される。たとえば、キリスト教では神との合一、霊的結婚、見神(けんしん)などといわれ、禅仏教では豁然大悟(かつぜんたいご)、身心(しんじん)脱落、見性(けんしょう)などといわれる体験がそれである。
 通常のことばでもっては言い表しがたく、その意味で秘密に満ちている。しかし体験者自身にとっては、直観的にきわめて確実なできごとであり、持って回った論証を必要としない。自己は直接に、なにか無限の大きさと力とをもつ確かなものに触れる。それによって従来の小さな自己の殻は融(と)け去り、脱我すなわちエクスタシーに導かれる。魅力に満ちた鮮烈な感銘のなかで、いまだかつて知らなかった、より高く、かつより深い生命の境地が開けてくる。魂の根底が揺り動かされて、世界は新しい光に照らされ、この体験を契機として人生の意味は一変する。存在の奥義(おうぎ)がここに初めて開示されるのである。個々の神秘体験は、宗教により、時代により、人によって、それぞれ異なった具体相を示すが、他方、おおよそ以上のような基本的特徴が、神秘体験一般に共通してみられる。W・ジェームズはそれを、(1)言い表しようがないということ=その性質は自分で直接に経験しなければわからない、(2)認識的性質=真理の深みを洞察する、(3)暫時性=神秘的状態は長い時間続くことはできない、(4)受動性=自分の意志は働くことをやめてしまって、ある高い力によってつかまれるかのように感じる、の4項に整理して説明している。
 神秘体験を当事者が自覚的に反省して、ことばによって表現し、解釈説明しようとする努力から「神秘思想」が形成されてくる。これはもともと言語を絶する体験であるが、これをなんとか言い表そうとするために、神秘主義に特徴的な表現形式が用いられることになる。古代インドの聖典『ウパニシャッド』の「然(しか)らず、然らず」に代表されるような否定的表現、「光り輝く闇(やみ)」「いっさいを含んだ無」などの矛盾逆説による表現、「魂の火花」「霊の水晶宮」といった詩的象徴的表現などである。こうした表現上のくふうを通して体験が説明され、独自の論理によって組織的に体系化されていく。そこに神秘思想、神秘神学、神秘哲学などが、神秘主義の重要な構成要素の一つとして成立する。
 神秘思想は、体験の当事者の反省的自己理解を出発点として形成され始めるが、いったん形成された思想は、ついで、人々を神秘体験に導くための指針としての役割を果たすものとなる。体験を待望する者に対して、あらかじめその内容や進むべき方向を指示し、内的に準備の状況を整えさせる。しかし、神秘体験それ自体は、各自が自ら自証するほかない性質のものである。そこで、思想による体験への接近と並行して、さまざまな形での「神秘修行」が試みられることになる。繰り返して身心に一定の規整を加える、いわゆる行(ぎょう)のくふうである。行が進み、境地が展開していく過程は「神秘階梯(かいてい)」とよばれて、段階的に示されるのが一般である。浄化、集中、瞑想(めいそう)、合一、脱我、寂静(じゃくじょう)などがそれぞれの宗教によっていくつか組み合わされて構成される。こうした行の体系もまた神秘主義の重要な一要素をなしている。[脇本平也]

世界宗教史における諸相

神秘主義は、世界中の諸宗教のうちに、それぞれの特徴をもって位置を占めている。原始宗教におけるシャーマニズムなども、神秘主義的エクスタシーの一つに数えることができるであろう。『ウパニシャッド』における梵我一如(ぼんがいちにょ)の思想は、東洋神秘主義の華ともいわれる。ここに伝統を引くヒンドゥー教にも、仏教にも、神秘主義の色彩はきわめて濃厚で、ヨーガ、禅定(ぜんじょう)、密教の修法などにその特色をみることができる。
 ユダヤ教にも、カバラKabblとよばれる口伝(くでん)教義のうちに神秘主義の流れがあり、これにつながるハシディズムHasidism(敬虔(けいけん)主義)はM・ブーバーを通して現代の思想界にも影響を及ぼしている。
 キリスト教神秘主義の源泉は、『新約聖書』におけるパウロやヨハネのキリスト体験にあるともいわれる。さらに、新プラトン主義から決定的な影響を受けて成立した偽ディオニシウス・アレオパギタ以来、いわゆる否定神学の伝統のうちに多彩な神秘家を輩出している。イスラムではスーフィズムSfismが神秘主義の主流をなし、最大のイスラム神学者といわれるアル・ガザーリー(1058/59―1111)は、一面この流れに属する神秘家でもあった。さらには、文学者や科学者の自然観や宇宙観のうちにも、宗教的伝統とは別の神秘主義的な傾向を読み取りうる場合がある。
 古今東西にわたるこうした神秘主義の諸相を相互に比較研究しようとする学問上の動向も、20世紀に入ってから顕著になってきている。インドのベーダーンタ哲学のシャンカラ(700ころ―750ころ)とドイツのキリスト教神秘主義のエックハルト(1260ころ―1327/28)との、R・オットーによる比較研究などがその一例をなしている。[脇本平也]
『岸本英夫著『宗教神秘主義』(1958・大明堂) ▽W・ジェイムズ著、桝田啓三郎訳『宗教的経験の諸相』(岩波文庫) ▽H・セルーヤ著、深谷哲訳『神秘主義』(1974・白水社・文庫クセジュ) ▽西谷啓治著『神と絶対無』(1971・創文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんぴ‐しゅぎ【神秘主義】
〘名〙 非合理的な直観、または瞑想によって、超自然的な真理をとらえようとする宗教・哲学・芸術上の諸傾向。人間も神と同一の無限者となるとして、人間の弱さ、罪性を否定し、自由意志的で主情的な傾向が強い。たとえば、新プラトン派は、神を無形の絶対的一者と考え、人間と神との合一のための神秘的な愛と恍惚の境地を説いた。また、一三~一四世紀のドイツの神学者エックハルトは、万人が神に帰して一になる力として、「心の火花」という神秘的経験が与えられているとした。神秘学。神秘説。〔普通術語辞彙(1905)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

神秘主義
しんぴしゅぎ
mysticism
神などの絶対者を理性ではなく,内面で直接体験しようとする思想
東洋ではウパニシャッド哲学・仏教・道教・神道にこの傾向が強く,西洋ではプロティノスに始まる新プラトン主義の影響の下に,正統キリスト教の異端としてエックハルト・ベーメらの神秘家を生んだ。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神秘主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神秘主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation