@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神経伝達物質【しんけいでんたつぶっしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神経伝達物質
しんけいでんたつぶっしつ
neurotransmitter
ニューロンで生産され,シナプスで放出されて,標的細胞に興奮または抑制の応答反応を起させる低分子の化学物質アセチルコリンアドレナリンドーパミンセロトニンなどのアミン類が古くから知られている。グルタミン酸グリシンγ-アミノ酪酸などのアミノ酸類も主要な神経伝達物質で,このうちγ-アミノ酪酸は抑制性伝達物質として働き,この脳内濃度が低下するとけいれんを誘発するなど,病態との関係が注目されている。また,サブスタンスPエンケファリンなど,より低分子の神経ペプチドが神経伝達物質として注目を集めており,すでに 50種類以上が報告されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんけい‐でんたつぶっしつ【神経伝達物質】
ニューロンの軸索末端から放出され、次の細胞を興奮させる、あるいは抑制する物質。アセチルコリンノルアドレナリンドーパミンセロトニンなど。化学伝達物質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

神経伝達物質
 ニューロトランスミッターともいう.神経細胞と神経線()維末端のシナプスボタンの間では化学物質によって信号が伝えられる.この化学物質は,代表的なアセチルコリン,ノルエピネフリンのほか,ドーパミン,セロトニン,グリシン,グルタミン酸,サブスタンスP,エンケファリン,エフェドリンなどがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんけいでんたつぶっしつ【神経伝達物質 neutrotransmitter】
ニューロン(神経単位)間のシナプス,神経と効果器との連結部において,神経終末から分泌され,興奮を次のニューロンまたは効果器に伝達する役割を果たす一連の物質。中枢神経系の伝達物質の候補として現在知られているものには,アセチルコリン,アミノ酸類(γ‐アミノ酪酸,グリシン,グルタミン酸,L‐アスパラギン酸),モノアミン(セロトニン,ヒスタミン),カテコールアミン(ノルアドレナリンアドレナリンドーパミン),ペプチド(バソプレシン)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しんけい‐でんたつぶっしつ【神経伝達物質】
〘名〙 ニューロンの軸索末端から放出され、次の細胞を興奮させたり、あるいは抑制したりする物質。アセチルコリン・ノルアドレナリン・ドーパミン・セロトニン・グルタミン酸・ガンマアミノ酪酸など。化学伝達物質。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

神経伝達物質
シンケイデンタツブッシツ
neurotransmitter

シナプスを介する神経細胞間の情報伝達に使われる分子.ニューロトランスミッターともいう.隣接の神経細胞を興奮させるものと抑制するものとがある.アセチルコリングルタミン酸などの興奮性伝達物質のイオンチャネル型受容体は Na チャネルそのものであり,リガンドが結合すると開口して,細胞内に Na を流入させ神経細胞を興奮させる.これに対し,グリシンやGABAなどの抑制性伝達物質は Cl チャネル型受容体に結合し,細胞内に Cl を流入させる結果,神経細胞内はよりマイナスの過分極状態となり興奮しにくくなる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経伝達物質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神経伝達物質の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation