@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神経管【しんけいかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神経管
しんけいかん
neural tube
髄管ともいう。脊椎動物原索動物個体発生の初期に,外胚葉の一部が増殖して神経板となり,その正中の神経溝が閉じてつくる管状体で,外胚葉から分離して内部に入る。神経管の中心には初め1本の単純な神経腔があるが,前方部はさらに発達して複雑な形の脳となり,脳部からは左右に1対の球状突出が生じ,胞となる。後方部は脊髄となり,神経腔は単純な中心管として残る。脳および脊髄の細胞より末梢神経の多くのものができる。しばしば,神経管の前端または後端が相当期間開いていることがあるが,これを神経孔と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんけい‐かん〔‐クワン〕【神経管】
脊椎動物および原索動物の発生初期に、脊索の背側に神経板から形成される管状体。のちに中枢神経系および目・耳などが形成される。髄管。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんけいかん【神経管】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんけいかん【神経管】
脊椎動物および原索動物の発生初期に脊索の背側に形成される管状体。脊椎動物では前方は脳に、後方は脊髄に分化し、中枢神経系および眼などの感覚器を形成する。髄管。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神経管
しんけいかん
原索動物および脊椎(せきつい)動物の胚(はい)の外胚葉から生ずる管状構造で、将来、脳および脊髄に分化する。原口あるいはヘンゼン結節を経て陥入した頭部中胚葉と脊索の誘導により、外胚葉に神経板とよばれる肥厚部分がつくられ、脊索の伸長による力学的な作用のもとに神経板の両端が巻き上がり、管構造ができあがる。この管の太い前端部は脳となり、後方の細い部分は脊髄となる。このとき神経管となりきれなかった神経板両端付近の細胞は神経冠細胞として全身に移動し、神経節や色素細胞などになる。神経管最前端が閉じるのは、ほかの部分より遅れることが多く、ナメクジウオでは終生閉じることがない。神経管後端が原口あるいはヘンゼン小孔を包み込む場合、神経管後端が原腸と連絡することがある。[竹内重夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんけい‐かん ‥クヮン【神経管】
〘名〙 脊椎動物および原索動物の発生初期に、脊索の背側に、神経板が閉じてできる管状体。のちに中枢神経系となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経管」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神経管の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation