@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神経節【しんけいせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神経節
しんけいせつ
ganglion
末梢神経の途中で局部的に神経細胞集合して太くなり,結状をしている部分をいう。中枢神経では神経核と呼ばれる。自律神経系の神経節ではここでニューロンが替わるが,感覚性の神経節の場合は,刺激がニューロンを替えることなく中枢神経に向う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんけい‐せつ【神経節】
末梢神経の途中で、神経細胞神経線維とが集まってこぶ状に太くなった部分。興奮の伝わり方を調節する。ガングリオン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんけいせつ【神経節 ganglion】
末梢神経系における神経細胞体の集合をいう。これに対し,中枢神経系(脳と脊髄)内における神経細胞体の集合を(神経)核nucleus(細胞の〈核〉と文字は同じであるが概念はまったく違う点に注意)という。しかし,中枢神経内の神経細胞体の集合に対しても慣用的に〈節〉が用いられている場合がある(たとえば基底神経節basal ganglia)。本来の意味での神経節,すなわち末梢神経系における神経細胞体の集合には,集合している神経細胞の性質の違いによって,感覚神経節sensory ganglionと自律神経節autonomic ganglionが区別される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんけいせつ【神経節】
末梢神経系の中で数多くの神経細胞体が集合して節ふし状を呈している部分。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんけい‐せつ【神経節】
〘名〙 神経細胞と神経繊維とが集まってこぶ状となったもの。脊椎動物では中枢神経系や自律神経系で著しく発達し、興奮の伝わり方に変化を与える。
※内科撰要(1792)五「神経液の凝帯して瀦留すること殊に神経節に在り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神経節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation