@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神経終末【しんけいしゅうまつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神経終末
しんけいしゅうまつ
nerve ending
神経線維末端をいう。特別な終末装置をもたずに細くなって終る自由終末と,なんらかの終末装置をもつものとがある。神経終末が他のニューロンと連結する場合は特にシナプスという。神経線維の末端部は終末付近で髄鞘神経鞘を失って,裸軸索となる。表皮粘膜上皮にみられる感覚神経の自由終末では,これらの線維が樹枝状に分れて終樹を形成することがある。真皮や筋肉に終る感覚神経の終末部では,裸軸索が盤状,棍棒状あるいは網状など,さまざまな形の終末装置となり,感覚細胞に接するか,それに進入して終る。骨格筋に分布する運動神経の終末は,裸軸索が枝分れして筋細胞の表面のくぼみに陥入し,吸盤状の運動終板を形成する。平滑筋,腺,脈管壁などに終る自律神経終末では多数の分枝が網状となり,神経性終末網を形成する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんけい‐しゅうまつ【神経終末】
神経細胞体から伸びた軸索の末端部分。他の神経細胞(ニューロン)とシナプスを介して結合し、神経伝達物質を放出して情報を伝える。また、髄鞘が消失して神経の末端となっているもの(自由神経終末)や、触覚小体などの受容器をそなえているものなどがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経終末」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神経終末の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation