@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神経線維【しんけいせんい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神経線維
しんけいせんい
nerve fiber
ニューロンの一部で,神経細胞軸索突起をいう。無髄のものと有髄のものに分れる。前者髄鞘をもたない細い軸索で,汗腺,血管を支配している交感神経などにみられる。後者は普通の神経線維で,ゲル状の軸索の上に髄鞘をかぶり,さらにその上を神経鞘 (シュワン鞘) がおおっている。髄鞘は絶縁体の働きをするが,1~3(mm) の間隔で切れ目があり,この部分はランビエの絞輪といわれ,電気抵抗が低い。このためインパルス伝導は飛び石状に絞輪から絞輪へと効果的に行われる。シュワン鞘は神経細胞の栄養および物質交換に関する機能を果しているが,中枢のニューロンではこの代りにグリア細胞 (神経膠細胞) が付着している。インパルスの伝導速度は神経線維の直径に正比例し,神経線維は左右に交差したり,上行性,下行性のものなどが複雑に連絡している。その連絡の仕方から連合線維,交連線維,投射線維に大別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんけい‐せんい〔‐センヰ〕【神経線維/神経繊維】
神経細胞(ニューロン)の構成要素で、細胞体から出ている突起のうち、最も長い突起。末端は次の神経細胞の樹状突起シナプスを介して結合する。髄鞘(ずいしょう)によって包まれているもの(有髄神経)といないもの(無髄神経)とがある。神経突起。軸索。軸索突起。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神経線維」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神経線維の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation