@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神職【しんしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神職
しんしょく
神社の祭儀に従事し,事務を司る総称神官,祀,大夫,神殿 (こうどの) などともいう。宮司禰宜主典宮掌 (くじょう) ,社司社掌などの諸身分があり,神社社格規模により名称人数も異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐しょく【神職】
神社に仕えて神事をつかさどる者の総称。神官。神主。
神祇(じんぎ)に仕え、神事をつかさどり、神社の管理に当たる者の総称。宮司・禰宜(ねぎ)などの職名がある。
旧制で、官国幣社以下の神社の職員の総称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんしょく【神職】
神社に奉仕することを職とする者。祭祀祈禱をつかさどり,社殿や境内守護も行う者を総称して神職,神官などと呼んだ。したがって具体的な名称は,時代や地域によって異なり,きわめてさまざまである。律令時代には一般行政をつかさどる太政官とともに神祇官が置かれ,国家の祭祀を行った。神祇官には,伯(長官),大・少副(次官)をはじめ,大・少祐,大・少史および神部(かんべ),卜部(うらべ)がおり,そのほかにも御巫(みかんなぎ)などがいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんしょく【神職】
神社の祭儀や事務に従事する職を一般的にいう語。神官。神主。
1887年(明治20)以降、神社の職員に対する国の職制上の呼称。官幣社・国幣社では宮司・権ごん宮司・禰宜ねぎ・主典、諸社では社司・社掌などの別があった。第二次大戦後は神社本庁がこの呼称を受け継ぎ、宮司・権宮司・禰宜・権禰宜の四職を設けた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神職
しんしょく
神社に仕えて神事を執り行う職にある者の総称。神饌(しんせん)を献じ、幣帛(へいはく)を供し、祭祀(さいし)や祈祷(きとう)を行い、社務を扱い、宿直(しゅくちょく)し、社殿の内外の清浄を保ち、その修理にあたるなど、多くの職務をもつ。したがって職名も多く、そのなかには同名であるが異職のもの、異名であるが同職のもの、あるいは時代や地域、神社によっても異なるなど一様ではない。総称として、神主(かんぬし)、神官、社家(しゃけ)、社人(しゃにん)、社司(しゃし)、祠官(しかん)、祀職(ししき)、禰宜(ねぎ)、横屋(よこや)、祝(はふり)、太夫(たゆう)、法者(ほさ/ほうじゃ)、法印(ほういん)、宮守(みやもり)、神殿(こうどの)、代殿(だいどん)などがあり、歴史上でおもなものに国造(こくぞう)、祭主(さいしゅ)、大宮司(だいぐうじ)、少宮司、宮司、権(ごん)宮司、神主、禰宜、祝、主典(しゅてん)、刀禰(とね)、棚守(たなもり)、神長官(かみおさのつかさ)、預(あずかり)、師職、行事、神人(じにん)などがある。
 国造は大化改新の際に廃止されたが、律令制(りつりょうせい)下の郡司に任ぜられて、もっぱらその国の祭祀をゆだねられた。祭主は神宮神職の長で惣官(そうかん)ともよばれた。祈年祭、月次祭(つきなみのまつり)(6月、12月)、神嘗祭(かんなめさい)を務め、朝廷と神宮との間の公文書にはかならず署名をなした。宮司は主として神社の造営や収税のことをつかさどったが、のちには広く祭祀や祈祷にも仕えた。神宮では祭主に次いで大宮司、少宮司を置く。一般の神社で宮司は神職の長で、大社には宮司に次いで権宮司が置かれている。神主は、もと神事に仕えるおもなる者の称であったが、のちに神職の総称となる。禰宜は祝の上に位置し、ともにもっぱら祭祀や祈祷を行ったが、のちに両者とも神職の総称となる。主典は神宮で大宮司・少宮司の下に置かれた職。また旧官国幣社に置かれ祭儀や庶務に従事した。刀禰は神宮や賀茂別雷(かもわけいかずち)神社などで用いられた下級神職の称。棚守は棚守職ともよび、京都の八坂(やさか)神社、伊豆(いず)の三嶋(みしま)大社、安芸(あき)(広島県)の厳島(いつくしま)神社などにいた神職。神長官は神長とも称し、諏訪(すわ)大社にいた神職で、大祝(おおはふり)の下で社務を処理した。預は神社の管理や運営を依託された神職で、正預、権預の階級があり、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)や春日(かすが)大社などにいた。師職は崇敬者の依頼により神札の配布や祈祷を行ったりした者で、御師(おし)、御祈祷師(ごきとうし)などとよばれ、神宮や石清水八幡宮、春日大社にいた。行事は神社の雑事をつかさどった神職で、総大行事、大行事、権行事、小行事、修理行事などがあり、日前(ひのくま)・国懸(くにかかす)神宮や鹿島(かしま)神宮などにいた。神人は神事の雑役を務めた下級神職で、神主や宮司の支配を受けた。また、僧侶(そうりょ)で神社に仕えた社僧(しゃそう)(神僧(しんそう)、供僧(ぐそう)、宮僧(くそう/くぞう))も注目される。現在の神職は宮司、権宮司、禰宜、権禰宜などに分かれている。[三橋 健]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐しょく【神職】
〘名〙
① 神社に奉仕して神事をつかさどる職。また、それに従う人の総称。神主(かんぬし)。神官。
※太平記(14C後)一五「賀茂の社の神主職は神職の中の重職として」
② 旧制で、官国幣社以下の神社に奉仕し、祭儀に従事した職。官国幣社の宮司・権宮司・禰宜(ねぎ)・主典・宮掌、府県社以下神社の社司・社掌などの総称。伊勢神宮の職員である神官に対しても用いられた。第二次世界大戦後は神社本庁が宮司・禰宜・権禰宜を神職としている。〔府県社以下神社の神職制(明治二七年)(1894)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神職」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神職の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation