@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神農本草経【しんのうほんぞうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

神農本草経
しんのうほんぞうきょう
Shên-nung-pên-ts`ao-ching
現存最古の中国の本草 (薬物) 書。著者,成立年次ともに不詳であるが,後漢期頃に成立したと考えられる。 365品の薬物を上中下3類に分って,それぞれ名称,気味 (薬性) ,薬効などを記してある。 500年頃,陶弘景が伝本を校訂してさらに各医副品 365品を追加し『校訂神農本草経』3巻を著わし,のちにさらに自注を加えた『神農本草経集注』7巻を著わした。この際『神農本草経』の本文は朱書され,追加部分は墨書されたが,以後の中国の伝統本草は,いずれも先行する本草の字句には手を加えず,批判などは注で後書する形式をとったため,古本草は散逸しても,現存する宋代の『大観本草』『政知本草』などを通じて古形を察することができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しんのうほんぞうきょう【神農本草経】
医神神農の名を冠した中国最古の薬物書。後漢時代の作。365種の薬品を収載。500年頃、梁の陶弘景が復元編集したもの三巻が後世に伝わる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神農本草経
しんのうほんぞうきょう
中国最古の本草書。著者および著作年代については不明であるが、前漢末期(西暦紀元前後)と推定されている。原本は伝存せず、500年ごろに陶弘景(とうこうけい)が校定し、自注を加えて出版した『神農本草経集注』や『証類本草』中の引用文などから、その内容をうかがい知ることができる。
 1年の日数にあわせて365種の薬物を上品(じょうほん)、中品、下品の三品に分けた。上品の120種はいわゆる不老長生の薬物で、丹砂(たんしゃ)、人参(にんじん)、甘草(かんぞう)、枸杞(くこ)、麝香(じゃこう)などが含まれる。中品の120種はいわゆる保健薬で、石膏(せっこう)、葛根(かっこん)、麻黄(まおう)、牡丹(ぼたん)、鹿茸(ろくじょう)などが、下品の125種はいわゆる治療薬で、大黄(だいおう)、附子(ふし)、巴豆(はず)、桔梗(ききょう)、水蛭(すいてつ)など生理作用の激しいものが多く含まれている。
 また序文には薬の性質や用法などが的確に述べられ、民族医学としての漢方は、漢代にはすでに完成されていたことがうかがえる。個々の薬物についての記載は簡素で、気味、おもな効能、別名、生育地などが述べられており、薬物の形状や具体的な産地については触れられていない。
 後世、多くの人々が本書の再現にあたり、種種の校定本が出版されているが、いずれも細部に食い違いがある。現在もっとも信頼度の高いものは、1854年(安政1)に日本人森立之(たつゆき)が復原した校定本である。[難波恒雄・御影雅幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神農本草経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神農本草経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation