@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神農本草【しんのうほんぞう】

世界大百科事典 第2版

しんのうほんぞう【神農本草 Shén nóng běn cǎo】
中国の陶弘景が《神農本草経》を編纂した時に用いた底本の一つで,上中下の3種に分類した365の薬品を収載した薬物書であったという。《証類本草》で黒地に白で表された大きい字の部分がこの書からの引用文であるが,陶弘景によって多少は変更された可能性がある。《神農本草》とは伝説上の帝王神農が著した本草書の意味であるが,漢代の成立と考えられ,薬物治療指針として当時の知識をまとめたものである。《神農本草経》と混同されることがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

神農本草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神農本草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation