@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

神風【カミカゼ】

デジタル大辞泉

かみ‐かぜ【神風】

神が吹き起こすという風。特に、元寇(げんこう)の際に吹いた激しい
第二次大戦末期、日本軍の特別攻撃隊に冠した名称風(しんぷう)特別攻撃隊。→特攻隊
2から転じて》その行為が向こうみずで人命を粗末にするたとえ。「神風運転」
昭和12年(1937)東京・ロンドン間を飛び、実飛行51時間余の記録を立てた国産の二人乗り飛行機。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かむ‐かぜ【神風】
かみかぜ1」に同じ。
「渡会(わたらひ)の斎(いつき)の宮ゆ―にい吹き惑はし」〈・一九九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ぷう【神風】
神が吹かせるという風。かみかぜ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみかぜ【神風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみかぜ【神風】
危難を救おうとして神が吹かせるという激しい風。特に元寇げんこうの際、元の軍船を襲った大風。
特攻隊の名としたことから 無謀で命知らずなこと。 -タクシー

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かむかぜ【神風】
かみかぜ(神風)に同じ。 -にい吹き惑はし/万葉集 199

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しんぷう【神風】
神が吹かせるという風。かみかぜ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

神風
かみかぜ
神の威力で吹くとされている風。暴風雨の多い日本では風に対する恐れから、神の威徳に従わないと神風で罰せられるという信仰があった。歴史上では文永(ぶんえい)・弘安(こうあん)の役(1274、1281)の二度にわたる蒙古(もうこ)の軍船が、博多湾で壊滅させられたのがその代表的な例である。第二次世界大戦末期に、この史実にあやかって日本海軍航空隊が神風特別攻撃隊を編成し、敵艦隊に絶望的な体当たり攻撃を加え、追い詰められた戦局をなんとか打開しようとしたが、失敗した。このときの「神風」は世界的に有名である。この無謀な神風特攻隊以来、1955年(昭和30)ころ、命知らずの乱暴な運転をするタクシーのことを神風タクシーとよんだ。[上野文枝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ‐かぜ【神風】
〘名〙
① 神の威徳によって吹き起こるという風。伊勢の神の威徳によると考えられることが多かったことから、伊勢を表わすこともあった。かむかぜ。しんぷう。→神風の神風や
※拾遺愚草(1216‐33頃)中「ます鏡ふたみの浦にみがかれて神風きよき夏の夜の月」
② 第二次世界大戦末期の日本軍の特別攻撃隊の名。敵艦に体当たり攻撃を行なった。
※馬糞記(1958)〈阿部知二〉「大学の時、『神風』に入ったんです。九十人ほどのうち、生き帰ったのが十何人かで」
③ ②から転じて、向こう見ずで人命を粗末にすることのたとえ。「神風タクシー」「神風運転」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かむ‐かぜ【神風】
〘名〙 =かみかぜ(神風)
※万葉(8C後)二・一九九「渡会(わたらひ)の 斎(いつき)の宮ゆ 神風(かむかぜ)に い吹き惑(まと)はし 天雲を 日の目も見せず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐ぷう【神風】
〘名〙 神が吹かせるという風。かみかぜ。〔陸雲‐大将軍宴会被命作詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐かぜ【神風】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

神風
かみかぜ
神の威力によりおこるという風
蒙古襲来にあたって,文永・弘安の両役とも,たまたま暴風雨によって,敵船が退却した。この時期は,神国思想が急速に広まっていたので,この国難を除いたのは,伊勢の神による神風のおかげだと考えるようになり,後世に強く影響した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

神風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation