@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

祠堂【しどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

祠堂
しどう
仏教で,祖先位牌を祀ってあるのこと。寺院位牌堂 (信徒の位牌を一堂に集めたところ) も堂という。ここで,忌日ごとに読むを祠堂経,それを寺院側に頼んで永続的に読んでもらう場合には永代経 (えいたいきょう) という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し‐どう〔‐ダウ〕【×祠堂】
祖先の霊を祭る所。御霊屋(みたまや)。持仏堂。
寺の、檀家の位牌(いはい)を納めておく堂。位牌堂。
神仏を祭った小さな社(やしろ)。ほこら

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しどう【祠堂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

し‐どう ‥ダウ【祠堂】
〘名〙
① 死者の霊をまつる所。位牌をまつる堂。家の中や庭内などにしつらえたり、寺院で檀家の位牌をまとめておさめる堂。持仏堂。たまや。位牌堂。
※山城泉涌寺文書‐承久二年(1220)二月一〇日山城泉涌寺殿堂房寮目録「祠堂、右、崇壇越之霊祠、為香火廻向之処也」 〔漢書‐龔勝伝〕
② ほこら。やしろ。
※翰林葫蘆集(1518頃)三・松間残桜「丞相祠堂僅去城。青松其下見残桜」 〔晉書‐石勒下〕
※実隆公記‐大永八年(1528)六月一日「常楽祠堂三百疋納之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祠堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祠堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation