@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

祭り【まつり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

祭り
まつり
feast; festival
神を迎え供献侍座して神と人とのつながりを深める宗教行事。日本のりは稲作儀礼を中心とし,その年の農耕を始めるに先立って行われる春の祈年祭,収穫を終えて田の神を再び山に送る秋の感謝祭が主となるが,悪疫退散を祈願する御霊信仰 (ごりょうしんこう) 的な祭祀もあり,これは主として夏季に行われる。また祖霊を祀る行事は,古くは正月と盆に行われたが,のち次第に盆に限られるようになった。祭りを構成する基本的型式には,一般的に次のようなものがある。 (1) 物忌 神霊を迎えるための浄め。 (2) 神降ろし 旗,,柱などで祭りの場所を標示して神を迎える。 (3) 神人共食 直会 (なおらい) ともいわれ,これにより神と人とのつながりが強められ,その恩恵がもたらされるとする。 (4) 神輿渡御 (みこしとぎょ)  祭りが行われる地域内に強い神性を充満させ,これによって悪霊を払う意味をもつ。ときには神輿ではなく,馬の背につけた大幣あるいは根付きのさかきや獅子頭であることもある。世界の諸民族のどのような祭儀も,霊的存在に祈願して,健康,安全,繁栄を求めるものであり,一般に集団によって行われ,そこでは「われ」と「なんじ」の区別が薄くなり,「われわれ」という一体感が強められる。祭儀はまた非日常的なもので,王が乞食に,女性が男性になるような役割の転倒が行われる。これに関連して,祭りにはある役割を演じる演劇的要素がある。古代ギリシアの演劇は宗教的な祭儀に由来することが明らかにされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まつり【祭り】
集団による儀礼行動の一つ。本来は原始・古代宗教の集団儀礼を総称し,現代では文化的に一般化されて,祝賀的な社会行事を呼称するのによく使われる言葉となっている。日本の祭りは伝統文化として重要であり,神社神道では今でも祭りを中心にしているほどだが,世界の宗教文化史上にも注目すべき社会現象である。日本語のマツリは,マツル,マツラフという動詞上位の者に奉仕する意味の語の名詞形とみられる。語源的にはマツとマチは同根で,見えないものが見える場所,接触しうる場へ来るのを歓待する意味をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

祭り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祭りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation