@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

祭日【さいじつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

祭日
さいじつ
神社において祭祀の行われる日。神道死者をまつる日でもある。日取り神社によって一定しないが,以下の2つの型に大別される。 (1) 氏神系統の祭日で,2月または4月と 11月に集中している。この型はかなり古くから認められ,平安時代には,藤原氏の氏神だった春日大社祭りは2月と 11月,また賀茂祭は4月に行われ,特にの日を祭日とした例が多い。この時期は,春の農耕始めと秋の収穫終了を選んだもので,今日多くの神社で2月を祈年祭,11月を新嘗祭としているのは,古い氏神の祭日観の名残りであろう。 (2) 御霊信仰系統の祭日で,平安時代中期以降行われるようになった。これは疫病を流行させる悪霊への信仰で,春の盛りや夏を祭日とするようになった。3月のやすらい祭や6月の祇園会などはその代表的なもので,なかでも祇園会は牛王信仰として全国的に普及した。また天神信仰も御霊信仰の一つで,菅原道真の命日の2月 25日を祭日としている。今日ほとんどの神社の祭日は,この2つの系統に分けられる。なお近年は太陽暦の採用や生産構造の変化により祭日の改変が著しくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さい‐じつ【祭日】
神社などで、祭りを行う日。
国民の祝日」の俗称。「日曜祭日は休業します」
皇室で、祭典が行われる日。大祭日と小祭日がある。
神道で、死者の霊を祭る日。
物忌(ものい)みをする日。日忌み。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいじつ【祭日】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さい‐じつ【祭日】
〘名〙
① 祭を行なう日。神社などで祭礼の催される日。
※続日本紀‐天応元年(781)六月壬子「若其諱辰掌凶、祭日預吉」
② 皇室の祭典が催される日。大祭日と小祭日とがある。また、明治以降、国定の休日とされたもの。そのことから第二次世界大戦後、俗に「国民の祝日」をさしていう。
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二「政府にて一年中よりかかる貴き日五日を撰み出し、これを祭日(サイジツ)に定め」
③ 神道で、死者をまつる日。
④ 物忌みをする日。また、精進すべき日。→斎日(さいにち)。〔大坂繁花風土記(1814)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

祭日
さいじつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祭日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

祭日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation